最新記事

発掘

2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見される

2020年9月18日(金)15時45分
松岡由希子

2万2000年前〜3万9500年前のものとみられる North-Eastern Federal University Yakutsk

<北極海にあるロシア領リャーホフスキー諸島で、約1万5000年前に絶滅したホラアナグマの成体の死骸がほぼ完全な状態で見つかった。2万2000年前〜3万9500年前のものとみられる......>

北極海にあるロシア領リャーホフスキー諸島で、約1万5000年前に絶滅したホラアナグマの成体の死骸がほぼ完全な状態で見つかった。

現在の最大級のクマよりも200キロ重い

ホラアナグマは、更新世後期にユーラシア大陸で生息していたクマ科の動物だ。オスでは、体重が1トンに達するものもあり、現生で最大級のクマよりも227キロほど重い。

絶滅後に見つかっているのは、これまで骨と頭蓋骨のみであった。島のトナカイ飼育民によって偶然発見されたこのホラアナグマの死骸は、鼻や内蔵など、軟部組織がそのまま残存している点で、重要な意義を持つ。

matuoka0918b.jpg

North-Eastern Federal University Yakutsk


絶滅したマンモスやサイの研究に取り組むロシアの北東連邦大学(NEFU)がこのホラアナグマの調査権を譲り受け、今後、ロシア内外の研究者を招聘し、詳細な研究をすすめる計画だ。

予備的分析によると、このホラアナグマは2万2000年前〜3万9500年前のものとみられるが、正確な年代を特定するためには放射性炭素年代測定が必要だ。このほか、研究チームでは、分子遺伝学、細胞学、微生物学といった現代の科学的研究手法を用いて、このホラアナグマを詳しく分析していく。

最近、本土のシベリア北東部サハ共和国でも、ホラアナグマの子どもの死骸が見つかっており、研究チームは、これら2体のDNAを比較できるのではないかと期待を寄せている。

matuoka0918c.jpg

North-Eastern Federal University Yakutsk

氷河期の動物が相次いで発掘されている

地球温暖化によってシベリアの永久凍土の融解がすすみ、何万年にもわたって永久凍土の下に埋もれていた氷河期の動物が相次いで発掘されている。

2015年夏、サハ共和国で、約1万年前に絶滅したホラアナライオンの子どもが見つかったのに続き、2018年夏には、サハ共和国を流れるチレフチャフ川の土手で、約4万年前のオオカミの成体の頭部が見つかった。

ニュース速報

ビジネス

米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ

ワールド

米コロナ感染、10月に急速に悪化 大統領選激戦州も

ワールド

EU、WHO権限強化を提案 パンデミックに迅速対応

ワールド

中国、米は「犯罪者資産の避難先」であってはならず

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反中国」より大事なこと

  • 3

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

  • 4

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

  • 8

    「みんな承認欲求をこじらせている。それを意識して…

  • 9

    韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

  • 10

    「ペンシルバニアで多くの黒人が棄権しない限りトラ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 6

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月