最新記事

事件

インドネシアTV局員死亡事件 他殺から一転自殺と判断した警察発表に深まる謎

2020年7月27日(月)16時25分
大塚智彦(PanAsiaNews)

自殺か他殺か、ニュース番組の編集スタッフの死をめぐる謎は深まるばかりだ。写真はジャカルタ郊外の量販店の防犯カメラに写っていたヨディ氏。KOMPASTV / YouTube

<殴打・刺殺された遺体が見つかった事件は29人もの事情聴取のうえで、警察自殺と発表。その理由は?>

インドネシアの民放テレビ局「メトロテレビ」の局員で編集スタッフのヨディ・プラボウィ氏(26)が7月10日に南ジャカルタの高速道路脇空き地で遺体となって発見された事件を捜査していたジャカルタ首都圏警察は7月25日、ヨディ氏は自殺とみられるとの捜査結果を明らかにした。

警察は発表の中で自殺と思われる理由を5点挙げているが、いずれも自殺を決定づける十分な証拠とは言い難く、周辺関係者の聞き込み、専門家の分析結果などに基づくとその判断理由を説明している。

遺体発見2日後の12日、首都圏警察は「ヨディ氏の死亡は他殺による殺人事件である」と堂々と断定した発表をしていた(関連記事:「インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然」)。さらに17日には「現場から殺人を示す可能性のある新たな証拠発見」とまで発表していた。その警察が一転して他殺説から自殺説に180度転換して事件捜査の幕を下ろそうとしている。

その背景や理由を巡ってインドネシアのマスコミの間では憶測が飛び交う事態となっている。

自殺と判断した5つの理由、警察

首都圏警察犯罪捜査課のトゥバグス・アデ・ヒダヤット課長が地元メディアに示した自殺と判断した5つの根拠は①精神的に落ち込み一種の鬱の状態にあったと思われる②凶器のナイフを自分で購入していた③恋人や親友との人間関係が上手くいっていなかった。④遺体発見現場以外に本人の血痕が飛び散っていなかった⑤刺し傷に浅深があり、防御創がない、というものである。

細かくみていくと、①のうつ状態の可能性というのはヨディ氏が事件前にジャカルタ市内中心部にあるチプトマングスモ総合病院の泌尿器科を訪れて医師と相談し、自らの意思でHIV(エイズ)検査を受けていたほか、麻薬の一種であるアンフェタミンが検死の際の尿検査で検出され、麻薬常用が疑われることからエイズ感染の可能性に悩み、精神的な不安定と麻薬服用による幻覚症状に見舞われていた可能性がある、としている。

また②のナイフ購入は7月7日の失踪当日の出勤途中である午後2時過ぎにジャカルタ西郊タンゲランにある大型量販店で犯行現場から回収されたナイフを購入した記録があり、自殺を考えた購入とみられること。③は恋人との関係が上手くいかず、「死にたい」と周辺に漏らしていたという証言がある④遺体の周辺にしか本人の血痕がなく、第3者が遺体の周辺にいた形跡、痕跡が全くない。

⑤について首と胸にある3つの刺し傷は深さ2センチと浅く、胸と首を刺した2つの傷が深くてこの2つが致命傷になったとみられるとしている。浅い傷はためらい傷であり、他者による襲撃を防ごうとした防御創もない。などが自殺を裏付ける理由として考えられるというのだ。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月