最新記事

ロシア疑惑

トランプ、ロシア疑惑で有罪になった「お友達」の実刑を免除

Pelosi Calls Trump's Stone Decision a 'Threat' to National Security

2020年7月13日(月)17時20分
ジェイソン・レモン

「友達」のトランプ大統領が刑務所入りを免除してくれて喜ぶストーン(7月10日、フロリダの自宅前で) Joe Skipper-REUTERS

<ロシア疑惑捜査で、トランプのために偽証したとされる男の実刑をトランプが大統領権限で免除。アメリカの法治も終わり?>

カリフォルニア州選出のナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は、ドナルド・トランプ大統領が長年の盟友ロジャー・ストーンの刑の執行を免除したことを厳しく批判。このような行動は、「驚くべき腐敗ぶり」を示し、「わが国の安全保障に対する脅威」だと述べた。

ストーンは2016年大統領選でロシアとトランプ陣営の共謀が疑われた「ロシア疑惑」の捜査で、偽証や証人買収を行ったとして禁固3年4カ月の実刑判決を受け、7月14日に収監される予定だった。だがトランプは7月10日、ストーンの刑の執行を正式に免除した。

トランプは以前から、政治コンサルタントで側近のストーンはロシア疑惑を捜査するロバート・ムラー特別検察官から不当に標的にされたと訴え、擁護していた。

「驚くべき腐敗ぶりだ」と、ペロシはCNNの番組で語った。「これはわが国の安全保障を脅かす問題であることも、人々は知る必要がある」

トランプ大統領の弾劾捜査のプロセスは全体として、わが国の安全保障に関するものだった」と、ペロシは言う。ストーンの容疑はロシアと共謀して大統領選をトランプに有利に運ぼうとしたことだからだ。

「ストーンは、議会に嘘をついただけではない。アメリカ国民に嘘をつき、証人を買収した。これは安全保障の問題だ」と、ペロシは強調した。

司法長官とも真っ向対立

67歳のストーンはムラーの捜査の結果として起訴され、証人の買収や捜査官への嘘を含む7件の罪で有罪となった。

背中にリチャード・ニクソン元大統領の顔の入れ墨を入れていることでも有名なストーンは、政界の工作員ともいわれるフィクサー。2016年の大統領選挙運動中に、ロシアのエージェントが盗んだ民主党幹部と民主党全国委員会の電子メールに関する情報をウィキリークスから得ようと試みた。また、自分の行動に関する嘘を裏付けるために、友人に圧力をかけようとした。

ストーンの刑の執行を免除するというトランプの決定は、ウィリアム・バー司法長官の見解と真っ向から対立するものだし、著名な共和党議員数人も、今回のトランプの行動を強い調子で批判している。

「検察の主張は正しく、裁判官が最終的に下した判決は公正だったと思う」バーはトランプの決定に先立つ8日の時点で、ABCニュースで語っている。

トランプと何度も衝突しているユタ州選出のミット・ロムニー上院議員(共和党)は、11日のツイートで大統領の決定を強く非難した。「前例のない歴史的な腐敗だ。アメリカの大統領が、その大統領を守るために嘘をつき、陪審員によって有罪判決を受けた人の刑を免除するとは」

<参考記事>トランプの盟友、ロシア疑惑巡り偽証罪で米特別検察官が起訴
<参考記事>どこが違う? トランプ・ロシア疑惑とウォーターゲート

ニュース速報

ビジネス

独ロックダウン延長は経済の重し、第2四半期は3%成

ワールド

中国、欧米製のコロナワクチン批判 「死亡例を意図的

ビジネス

米モルガンS、第4四半期利益急増 コロナ禍受けた取

ワールド

トランプ氏退任、式典で自身の業績強調 「また会おう

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月