最新記事

韓国

韓国、28年ぶりに「少女像」前で集会できなかった慰安婦支援団体 対立深まる

2020年7月17日(金)16時00分
佐々木和義

「定位置」の集会めぐって対立が深まる...... YTN new-YouTube

<元慰安婦の支援を標榜する正義記憶連帯(正義連)28年間、日本大使館前で水曜集会を開催してきたが、正義連の不正を糾弾する市民団体が正義連の定位置で集会を開催し、紛糾している......>

元慰安婦の支援を標榜する正義記憶連帯(正義連)は2020年7月8日、水曜集会を「記者会見」形式で実施した。

正義連は28年間、日本大使館前で水曜集会を開催してきたが、正義連と尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長の不正を糾弾する市民団体が正義連の定位置で集会を開催し、同地管轄する鐘路区庁は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する名目で、大使館前を集会禁止場所に指定した。

「定位置」の集会めぐって対立が深まる

韓国で新型コロナウイルスの感染が深刻さを増してきた2月20日、ソウル鐘路区庁はタプコル公園を閉鎖し、ソウル市は光化門広場やソウル広場など、デモ・集会会場の使用を禁止した。翌月3月1日に大規模な反日集会が予定されていたのだ。

デモや集会は憲法で保障された権利であり、国や自治体が禁止を命じることはできない。そこで、集会場所の使用を禁止し、事実上の集会禁止措置を取ったが、光化門広場から300メートル余りしか離れていない旧日本大使館前は使用禁止区域に含めなかった。

5月7日、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが、正義連と前理事長の尹美香氏の問題を提起して以降、不正疑惑が増大し、保守系市民団体「自由連帯」が、6月24日の水曜日に旧日本大使館前で、正義連の解体と慰安婦像の撤去を求める集会を行なった。

集会計画者は開催予定日の30日前から2日前の間に、開催場所を管轄する警察署に届け出ることになっており、先着順で受理される。「自由連帯」は午前0時の受付開始と同時に届け出た。

同じ日時に同じ場所で集会を行う届け出が出されると、警察は該当場所を分割するなど調整を提案するが、優先権を持つ団体の受け入れが前提だ。自由連帯が提案を拒絶し、1992年1月に当時の宮沢喜一首相の訪韓を機に日本大使館前で集会を開いてから毎週水曜日に集会を開催してきた正義連は、大使館前の慰安婦像から10メートルほど離れた聯合ニュース本社前で集会を開催した。

正義連を支援する大学生ら約20人が空白地帯となった慰安婦像と自身の体をひもで結びつけて、座り込みを行った。警察は大学生らに自主的な解散を求めたが、応じることはなかった。

自由連帯は毎週水曜日に集会を続けるとし、また、保守系市民団体「反日銅像真実糾明共同対策委員会」が7月29日から毎週水曜日に聯合ニュース本社前で集会を開くと警察に届け出て、正義連が慰安婦像を囲んで集会を行うことは難しくなった。

ニュース速報

ビジネス

第2四半期の豪CPI、約13年ぶりの高い伸び コア

ワールド

韓国、コロナ新規感染者が最多更新 第4波封じ込めに

ワールド

英競売クリスティーズ、香港拠点を4倍に拡張へ

ビジネス

中国メディア、投資家に冷静な対応呼び掛け 市場動揺

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月