注目のキーワード

慰安婦問題

ニューズウィーク日本版『慰安婦問題』に関する記事一覧

韓国と日本で「慰安婦問題」への政府の対応が変化していった理由
コロンビア大学特別講義

韓国と日本で「慰安婦問題」への政府の対応が変化していった理由

<90年代に入り、慰安婦問題が日本と韓国、世界で大きな意味を持つようになった背景には何があるのか。キ...

2019.08.08
韓国政府が無視していた慰安婦問題を顕在化させたのは「記憶の活動家」たち
コロンビア大学特別講義

韓国政府が無視していた慰安婦問題を顕在化させたのは「記憶の活動家」たち

<慰安婦の存在は一般に知られていたが、当初は戦争の物語から抜け落ちていた。なぜ語られるようになったの...

2019.08.07
「慰安婦」はいかに共通の記憶になったか、各国学生は何を知っているか
コロンビア大学特別講義

「慰安婦」はいかに共通の記憶になったか、各国学生は何を知っているか

<韓国、アメリカ、日本......米コロンビア大学の学生たちが一人ひとりの「戦争の記憶」を語る。私た...

2019.08.06
韓国、慰安婦財団を解散 日本政府は日韓合意に違反と抗議申し入れ
歴史問題

韓国、慰安婦財団を解散 日本政府は日韓合意に違反と抗議申し入れ

西村康稔官房副長官は、日韓慰安婦合意に基づき元慰安婦や遺族への支援事業を行ってきた財団が解散登記を終...

2019.07.05
慰安婦映画『主戦場』リアルバトル 「騙された」vs.「合意を果たした」
論争

慰安婦映画『主戦場』リアルバトル 「騙された」vs.「合意を果たした」

<ドキュメンタリー映画『主戦場』出演者が抗議声明を発表し、上映中止を求めて会見。その4日後、今度は監...

2019.06.07
言論バトル『主戦場』を生んだミキ・デザキ監督の問題意識
ドキュメンタリー映画

言論バトル『主戦場』を生んだミキ・デザキ監督の問題意識

<左右両派が登場する慰安婦映画『主戦場』。なぜ日系アメリカ人監督はこんな作品を撮れたのか> 「慰安...

2019.04.25
「慰安婦」など表記変更しリベラルと訣別? ジャパンタイムズで何が起きているのか
メディア

「慰安婦」など表記変更しリベラルと訣別? ジャパンタイムズで何が起きているのか

日本の代表的な英字新聞、ジャパンタイムズの新オフィスで、昨年12月3日、同社幹部と十数名の記者らが激...

2019.01.25
「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方針転換か
日朝関係

「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方針転換か

<日本からの戦後賠償と韓国の孤立化を狙って日本との関係改善を図った金正恩だが、南北対話が進むいま、対...

2018.08.16
「戦争の記憶」のその先にある未来への責任(コロンビア大学特別講義)
歴史への責任

「戦争の記憶」のその先にある未来への責任(コロンビア大学特別講義)

<なぜ今、第2次世界大戦の「記憶」について学ぶのか。全4回の連続講義を終えて、米コロンビア大学のキャ...

2018.03.27
慰安婦像が世界各地に増え続けるのはなぜか
「慰安婦」の記憶

慰安婦像が世界各地に増え続けるのはなぜか

<なぜ慰安婦問題は今も解決しないのか。コロンビア大学のキャロル・グラック教授が解き明かすプロセスと背...

2018.03.20
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら