最新記事

スポーツ

韓国でも女性スポーツ選手が自殺 22歳のトライアスリートを追い込んだセクハラといじめの実態

2020年7月16日(木)19時25分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

監督やチームドクターらからいじめを受け自殺したチェ・スクヒョン。YTN News / YouTube

<彼女が絶望したのはいじめやセクハラそのものよりも、救いを求めても応える人がいなかったことだった......>

先月26日、韓国のトライアスロン選手チェ・スクヒョンさんが22歳という若さで自ら命を絶ってしまった。スポーツ選手の自殺といえば、日本でも5月末に亡くなり、その後社会的な議論を呼んでいる木村花さんの死が頭をよぎる。偶然にも亡くなった年齢は両者とも22歳だった。木村花さんは誹謗中傷による自殺だと言われているが、韓国のチェ・スクヒョン選手を追い込んだものとは一体何だったのだろうか?

チェ・スクヒョン選手は1998年生まれの女子トライアスロン選手だった。水泳選手としてスポーツの世界に飛び込み、その後その過酷さから"鉄人レース"とも称されるトライアスロンの道に進み、韓国慶州市のトライアスロンチームに所属し活躍していた。

2015年台湾新北市で行われたASTCアジアトライアスロン選手権2015では3位に入賞するなど活躍を見せ、最近では去年の10月に行われた国際トライアスロンチャンピオンシップの女子エリートで14位の成績を収めていた。

そんなチェ・スクヒョン選手が、6月26日釜山の寮で死亡しているのが発見された。死亡直前に母親へ送信されたKakaoTalkのメッセージには、「お母さん、愛してる。あの人たちの罪を明るみにして」と書かれていたことから、自殺とみられている。

チームドクターが「極限に追い込み自殺させてやる」

その後、遺族が「チェ選手の自殺は所属していたチームの監督、スポーツ医師、一部の先輩選手からのいじめが原因」と訴え、韓国中が騒然となった。7月1日には、チェ選手の知人によって韓国大統領府のホームページへ「チェ・スクヒョン選手の死亡事件について徹底した捜査を追及する」という国民請願が立ち上がり、さらに世間の注目を集めることとなった。

さらに、遺族はチェ・スクヒョン選手への暴行現場で録音されたと思われる音声も公開した。殴る蹴るといった行為が約20分間も繰り返されていて、聞いているのもつらい音声だ。また、警察に相談していたチェ・スクヒョン選手の通話記録も公開されると、先輩から「パンを数万円分買ってこい」と命令され、買って戻るとそれを吐くまで食べさせられた、などのイジメも発覚した。

さらに、KBSニュースの報道によると、チェ選手が未成年だった頃にチーム内で飲酒を強制された過去があったこと、チームドクターから「(チェ選手が)心理治療を受けている間に極限に追い込み、自殺するように誘導してやる」などという発言もあったという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、米引き締め警戒和らぐ 値がさ株堅調

ビジネス

物価見通し、想定以上に上がれば予防的に緩和修正可能

ワールド

北京でひそかにコロナ規制緩和、無症状者の多くは既に

ビジネス

再送-米GM系自動運転クルーズ、来年は事業展開を多

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月