最新記事

都市脱出

英米の新しい生活様式は都市脱出? 増える地方での職&家探し

2020年6月29日(月)16時50分
松丸さとみ

郊外で家探しをするロンドン在住者が増えている...... mammuth-iStock

<規制緩和を前に、ロンドンなど大都市を脱出して、郊外で仕事や家を探す人たちが増えている......>

ロンドン郊外での職探し希望者が急増

英国では、7月上旬からパブやレストランなどの営業が再開され、ロックダウン(都市封鎖)がさらに緩和される(イングランドは7月4日。他の地域は日程が若干異なる)。また、これまでは2メートルとされていた感染防止のための対人距離も、1メートルに短縮される。しかしこうした規制緩和を前に、ロンドンなど大都市を脱出して、郊外で仕事や家を探す人たちが増えている。

仕事探しのアドバイスを提供する企業エスケープ・ザ・シティは英ガーディアン紙に対して、6月に同社のサービスに登録した人1000人のうち、ロンドンを出たいという人の割合は51%だったと述べた。前年同期は20%だったため、倍以上増加したことになる。

同社は、最近の求職者からの問い合わせ内容から判断すると、求めているものが根本的に変わったと話す。コロナ前は、ロンドンで暮らし、働くことに満足している人が多かったが、ここに来て初めて、ロンドンから離れたいという人が、ロンドンにいたいという人を上回ったという。

郊外での家探し、在宅勤務で拍車

同様に、郊外で家探しをするロンドン在住者も増えている。ガーディアン紙によると、例えばロンドン近郊のバッキンガムシャーにあるエイルズベリー・ベイルという地域では、家の内覧に申し込んだ人たちの中でロンドン在住者が占める割合が、新型コロナウイルス感染症の流行以降、44%に急増した。昨年4月は28%だった。バッキンガムシャーはロンドンに隣接した地域ではあるが、エイルズベリー・ベイルの人口密度は、ロンドンの平均と比べて30分の1となる。

デイリーメール紙は、さまざまな都市で家探しをしている人の中で、現在ロンドンに住んでいる人の割合がどのくらいかを比較。そこから分析したところ、ロンドンからの引っ越しを考えている人たちの間では、ロンドンの通勤圏で、簡単に都心にアクセスできる場所が人気だと同紙は説明する。つまり、ロンドン郊外に引っ越しても、市内への通勤を考えていることが言えるようだ。

とはいえ、企業による在宅勤務へのシフトも、ロンドン脱出を後押しをしているようだ。ロンドン商工会議所は4月30日〜6月2日、ロンドンの企業幹部500人を対象に、新型コロナウイルスによる影響について、オンラインでの聞き取り調査を行った。

ニュース速報

ワールド

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験

ワールド

アークトゥルス、コロナワクチン初期臨床開始 第4四

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 広範な信用

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初 安全性に疑

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 7

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 8

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 9

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 10

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 6

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 7

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月