最新記事

集団感染

米国、ドイツ、英国の食肉加工工場で集団感染発生 その理由は?

2020年6月26日(金)18時30分
松岡由希子

各国の食肉処理工場で集団感染が起きている...... REUTERS/Eduard Korniyenko

<食肉処理工場内は密閉された空間で常時室温が低いことや、多くの労働者が寮で集団生活をしていることなどが、感染リスクを高める要因ではないかと指摘されている......>

ドイツ連邦政府は、2020年5月6日以降、新型コロナウイルス感染拡大防止のための制限措置を段階的に緩和してきたが、西部ノルトライン=ヴェストファーレン州ギュータースロー郡の食肉処理工場で従業員1500名以上が新型コロナウイルスに集団感染したことを受け、州政府は6月23日、ギュータースロー郡とワーレンドルフ郡を対象に制限措置を再び講じると発表した。24日から30日までの間、3人以上の集会を禁止し、映画館やスポーツジム、バーなどの営業を停止する。

アメリカの食肉処理工場で20名が死亡、イギリスでは操業停止

食肉処理工場での新型コロナウイルスの集団感染は、すでに米国でも確認されている。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、4月9日から27日までに米国19州115カ所の食肉処理工場で全従業員の約3%にあたる4913名が新型コロナウイルスに感染し、20名が死亡した。

工場内は密閉された空間でソーシャルディスタンスを確保しづらく、常時室温が低いことや、多くの労働者が寮で集団生活をしていることなどが、感染リスクを高める要因ではないかと指摘されている。

英国のウェールズでは、北西岸のアングルシー島スランゲヴニにある大手食品加工会社「2シスターズ」の食肉加工工場で集団感染が発生し、6月18日から2週間、操業を停止。24日時点で、従業員やその家族ら、200名の感染が確認された。

ウェールズのレクサムにある食品加工会社「ローワン・フーズ」の工場でも24日時点で97名の感染が確認され、1000名以上が検査を受けている。ウェールズ政府は、労働者の安全に配慮し、職場で2メートルの距離を確保する措置を講じるよう義務づけているが、今週中にも業界関係者と協議し、食肉加工工場に特化した感染予防ガイドラインの策定をすすめる。

低温の環境によって感染リスクが高まっている?

発生医学を専門とする英リバプール大学のカルム・センプル教授は、欧米各国の食肉加工工場で新型コロナウイルスの集団感染が相次いでいる要因として、低温で自然光に乏しい食肉加工工場特有の環境を挙げ、英紙「デイリー・テレグラフ」で「ウイルスを保存するとしたら、冷凍庫や食肉加工工場のように、紫外線が当たらない暗冷所を選ぶだろう」と述べている。

センプル教授は、野菜など、他の食材を扱う食品加工工場で集団感染が確認されていないことから、温度が主な要因になっているのではないかとみており、「ウイルスを長期間生存させるための最適な場所は、日光の当たらない冷所だ」と指摘する。

英レディング大学の分子微生物学者サイモン・クラーク博士も同様の見解を示している。英タブロイド紙「デイリー・メール」の取材に対し、縫製工場など、従業員同士が密集しているおそれのある他の工場では集団感染が確認されていない一方、英国、米国、ドイツの食肉加工工場で同様の集団感染が発生していることを鑑み、「あくまでも仮説だが、低温の環境によって新型コロナウイルスへの感染リスクが高まっているのかもしれない」と述べている。

【話題の記事】
「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリンで起きた共感のデモ
動画:「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

ニュース速報

ワールド

米の中国ソフト企業に対するいかなる措置にも反対=中

ワールド

前ローマ教皇ベネディクト16世が重篤=独紙

ビジネス

三菱重、4―6月期純損益は579億円の赤字 スペー

ビジネス

英製造業PMI、7月改定は53.3 生産指数が約3

MAGAZINE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月