最新記事

感染第2波

感染者・死者ともにASEAN最悪に インドネシア、新型コロナ感染拡大しても規制緩和の愚策

2020年6月17日(水)21時13分
大塚智彦(PanAsiaNews)

社会的距離の確保のためにマークが付けられたジャカルタ市内の市場 REUTERS/Ajeng Dinar Ulfiana

<感染拡大が悪化していても規制緩和を強行する愚かな政治家がアジアにも>

東南アジア諸国連合(ASEAN)の大国インドネシアが新型コロナウイルスの累計の感染者数で6月17日に4万1431人となり、これまで最多だったシンガポールの4万1216人(17日)を抜いて域内最悪を記録する事態になった。新型コロナによる死者でもインドネシアは2276人(17日)となっており、これは2番目に多いフィリピンの1108人(17日現在)の約2倍で4月中旬以降最多記録を更新し続けている。

シンガポールは、パキスタンやバングラデシュからの労働者がいる宿泊施設や寮で集団感染が続いており、感染者数はASEAN域内で最多の状態が続いていた。しかし医療体制の充実や「サーキット・ブレイカー」という政府の徹底した封じ込め作戦がそれなりに機能しており、これまでの死者数は「26人」と極めて少ない。

一方、新型コロナによる感染者数、死者数が右肩上がりで増加し続けているインドネシアだが、なかでも首都ジャカルタは同じジャワ島の東ジャワ州についで国内で2番目に感染死者数が多く(17日の時点でジャカルタ563人、東ジャワ州651人)、感染者数では東ジャワ州(8533人)を上回る9439人を記録。感染者数で国内1位、死者数で同2位となっている。

ジャカルタは最近、1日の感染者数が前日比で約100人のペースで増加を続けている。16日から17日かけては217人の増加と一段と数が増えている。

そうした実状にも関わらずジャカルタでは4月10日以来続けてきた「大規模社会制限(PSBB)」と呼ばれる都市封鎖が6月4日以降、実質的に緩和されつつある。こうした医療関係者などの「時期尚早」論を無視した形の緩和が、ASEAN域内最悪の感染拡大につながったとみられている。

ジャカルタのアニス・バスウェダン州知事がPSBBの実質的緩和に踏み切った背景には極めて政治的な理由があるとされているが、増加の一途をたどる感染者の数字を突きつけられても「事態が悪化すれば緩和を再考する」と口では言いつつも緩和策を撤回する姿勢をみせていない(関連記事=「混乱のインドネシア、感染対策より政治優先の知事が規制緩和」)。


【関連記事】
・スウェーデンの新型コロナ感染者数が1日最多に、死亡率も世界屈指
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・フロリダの新規感染者1日で最多の2000人超 アメリカに忍び寄る新型コロナ第2波
・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

ニュース速報

ワールド

新型コロナワクチン、今秋にも利用可能の公算=独政府

ワールド

OPEC、今年の石油需要見通し下げ 21年回復に懐

ビジネス

米経済活動の減速継続、雇用回復の勢い失速も=ボスト

ワールド

中国、エクアドル産冷凍エビの包装から新型コロナ検出

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 7

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月