最新記事

感染症

米、新型コロナ第2波懸念強まる 一部で感染者・入院者が急増し医療ひっ迫 

2020年6月12日(金)10時51分

米国ではテキサス、アリゾナを含む一部少数の州で新型コロナウイルス感染症による入院者数が足元で急増、米経済の再開が感染の第2波を引き起こすとの懸念が強まっている。写真はワシントンで5月撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

米国ではテキサス、アリゾナを含む一部少数の州で新型コロナウイルス感染症による入院者数が足元で急増、米経済の再開が感染の第2波を引き起こすとの懸念が強まっている。

新型コロナの感染再拡大が懸念される中、11日の世界の株式市場は最近の力強い上昇から一転、大幅下落となった。米主要株価指数のS&P総合500種とダウ工業株30種はともに、国内で感染者が急増し始めた3月以来の大幅な下げを演じた。

米国の一部の州で新型コロナ新規感染者が急増している原因の1つは、検査の拡充だ。ただ、その大半では同時に入院者数が増えており、集中治療室(ICU)の病床が足りなくなりつつある州も出ている。

テキサス州は、入院者数が3日連続で過去最多となった。ノースカロライナ州ではICUのベッドの空きは全体のわずか13%となっている。テキサス州ヒューストンの市長は、必要となれば市内にあるプロフットボールNFLのスタジアムを臨時病院に転用する考えを示した。

アリゾナ州の入院者数は、過去最多の1291人に上る。州保健当局は今週、各病院にICUの収容能力を引き上げるよう要請した。同州のウェブサイトによると、ICUのベッド数の約4分の3が既に埋まっている。

ワシントン大学の疫学者、ジャレッド・ベーテン氏は「アリゾナは新たな局面に差しかかっている」と指摘。「感染者数が既にピークを付け、減少傾向にある地域で再び増加が始まれば警戒を呼ぶことになるだろう」とし、ニューヨークなどの州に言及した。

保健専門家らは、全米で繰り広げられている人種差別や警察の暴力に抗議するデモが原因で感染が拡大する可能性を懸念している。

週間の新規感染者4割増の州も

ロイターの集計によると、アリゾナ、ユタ、ニューメキシコの各州は、6月7日終了週の新型コロナ新規感染者数が前週比40%以上急増した。フロリダ、アーカンソー、サウスカロライナ、ノースカロライナの各州の増加率は30%以上だった。

米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長はカナダ放送協会(CBC)のニュース番組で、行動制限の解除により感染者が増えるのは必至だと述べた。

テキサス大学の研究員、スペンサー・フォックス氏は、医療崩壊の状態になくても、入院者が増えれば今後、死者数は増えると見込まれるとした。

「米国の都市や州、そして世界中で新型コロナ流行の方向性について憂慮すべき兆候が見られ始めている」と述べ、迅速な対策が必要になっているとした。

ハーバード・グローバル・ヘルス研究所のディレクター、アシシュ・ジャー氏はCNNのインタビューで、新型コロナ感染症による米国の死者は9月のいずれかの時点で20万人に達するとの予想を示した。現在の死者数は11万3000人強で、世界で最も多い。

同氏は、米国が先進国で唯一、感染率が制御可能な水準に低下する前に経済活動を再開させたと指摘した。

保健当局者らは、公共の場でのマスク着用と一定の対人距離の確保が感染リスクを大幅に低下させると訴えてきたが、米国の多くの州はマスク着用を勧告していない。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・コロナ禍、それでも中国から工場は戻ってこない
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった
・街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...


20200616issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月16日号(6月9日発売)は「米中新冷戦2020」特集。新型コロナと香港問題で我慢の限界を超え、デカップリングへ向かう米中の危うい未来。PLUS パックンがマジメに超解説「黒人暴行死抗議デモの裏事情」

ニュース速報

ワールド

米下院、1.9兆ドルのコロナ法案可決 上院は時給引

ワールド

ミャンマー国連大使、異例のクーデター非難 国際社会

ワールド

バイデン米大統領、テキサス州訪問 寒波の被害状況視

ワールド

米大統領、報復空爆でイランに警告 「罰を免れること

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボンジュウ」を許されないとした理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 6

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 7

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 8

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 9

    株価が上がっているのに、「価値の下がっているモノ…

  • 10

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    バブルは弾けた

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    バブルは弾けた

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月