最新記事

米中関係

トランプ「新型コロナウイルス、武漢の研究所が発生源の可能性を確信」

2020年5月1日(金)13時00分

トランプ米大統領は4月30日、新型コロナウイルスが中国武漢の研究所が発生源となっている可能性を確信していると述べた。証拠については言及を避けた。ホワイトハウスで撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)

トランプ米大統領は30日、中国武漢の研究所が新型コロナウイルスの発生源となった可能性を確信していると述べた。ただ、証拠については言及を避けた。

トランプ氏はホワイトハウスのイベントで、新型コロナが武漢のウイルス研究所から発生したかとの質問に対して、そうであるとかなり確信していると述べた。

証拠を見たのかとの質問には「見た」と答えたものの、具体的には言及せず、「話すことはできないし、許されない」と語った。

中国政府系研究所「武漢ウイルス研究所(WIV)」は、同研究所が新型コロナウイルスを製造し漏洩させたとする説を事実無根として否定している。

トランプ氏はこれまで、新型コロナが武漢ウイルス研究所から流出したかどうかを米政府が調査中だと明らかにしている。

ポンペオ米国務長官は30日のラジオ局とのインタビューで、新型コロナウイルスが同研究所から発生したかどうかは「分からない」と述べた。「生鮮市場あるいは他の場所から発生したかどうかはわれわれには分からない。答えを知らない」と述べた。

トランプ氏は、中国が新型コロナのリスクについて迅速かつ透明性のある情報開示を怠ったと主張している。同日のイベントでは、中国が新型コロナの感染拡大を止められなかったか、もしくは拡大させた可能性もあるとの見方を示した。しかし、習近平国家主席に責任があるかどうかについては言及を避けた。

トランプ氏は、新型コロナがどのように発生したのか突き止める中国の取り組みについて、「少なくともわれわれに対し幾分透明性のある対応をしようとしているようだ」と述べた。

その上で「しかし、それはこれから分かることだ。そう遠くないうちに分かるだろう。こうした状況が起きたのは悲惨だ。中国がミスをしたのか、もしくはミスで始まったことにさらに誤った対応をしたのか。それとも誰かが意図的に何かしたのだろうか」と語った。

[ワシントン ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・政府、緊急事態宣言を全国一律1カ月程度延長へ 明日の専門家会議で判断
・韓国そして中国でも「再陽性」増加 新型コロナウイルス、SARSにない未知の特性
・東京都、新型コロナウイルス新規感染46人確認 都内合計4152人に
・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?


20050512issue_cover_150.png
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。

ニュース速報

ワールド

米超党派議員がIOCに書簡、北京五輪の延期や開催地

ビジネス

アングル:暗号資産ブームのパキスタン、後手に回る法

ビジネス

アングル:ノンアルビール、「コロナ明け」機に大手が

ビジネス

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算で

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 4

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 5

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 6

    世界で最も静かな場所...深遠なる静寂が広がる「音の…

  • 7

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 8

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 9

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 10

    最先端!がんセンター東病院トップが明かす「若者」…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月