最新記事

感染対策

ドイツで、BCGワクチンの新型コロナウイルスへの効果を検証する臨床試験はじまる

2020年5月12日(火)18時50分
松岡由希子

BCGワクチンは新型コロナウイルスに対抗する免疫系を強化するのか Media Raw Stock-iStock

<ドイツでは、遺伝子組み換えBCGワクチン「VPM1002」が、新型コロナウイルスに対抗する免疫系を強化するのか検証がすすめられている......>

「VPM1002」とは、独マックス・プランク研究所が開発した遺伝子組み換えBCGワクチンである。ドイツ連邦保健省ポールエンリッヒ研究所(PEI)の承認のもとで実施されている第3相試験では、「VPM1002が新型コロナウイルスに対抗する免疫系を強化するのか」について、検証がすすめられている。

●参考記事
BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

医療従事者1000名を対象に、VPM1002の臨床試験を実施

VPM1002は、既存のBCGワクチンに比べて安全で、効果が高いとされている。マウスを使った実験では、VPM1002が、結核だけでなく、気道のウイルス感染を予防した。インフルエンザに罹患したマウスのうち、VPM1002を接種したマウスは既存のBCGワクチンを接種したマウスよりもインフルエンザA型のウイルス量が少なく、肺への損傷は軽微であった。

これは、VPM1002がマウスの免疫系を活性化したことによるものとみられる。それゆえ、研究チームでは、「VPM1002によって、新型コロナウイルスのようなウイルス感染を減衰できるのではないか」と考えている。

独ハノーバー医科大学(MHH)の研究チームでは、ドイツ北部のハノーバー、北端のボルステル、ドイツ中部のエアフルト、ドイツ南部のミュンヘンの4カ所で新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたる医療従事者1000名を対象に、VPM1002の臨床試験を実施。2020年4月下旬から5月上旬にかけて被験者にVPM1002を接種している。

この臨床試験を主導するハノーバー医科大学のクリストフ・シンドラー教授は「理論上、ワクチン接種によって、新型コロナウイルス感染症を発症する確率は下がるはずだ」と説く。VPM1002を接種した被験者は、新型コロナウイルスへの免疫を獲得するわけではないが、ウイルス感染に対して強化された免疫細胞のおかげで、新型コロナウイルスの感染から予防しやすくなる可能性がある。

また、ワクチン接種によって非特異的免疫反応が改善され、新型コロナウイルスに感染したとしても、新型コロナウイルス感染症の症状は悪化しづらくなると考えられている。研究チームは、60歳以上の高齢者1800名を対象に、同様の臨床実験を行う計画だ。

VPM1002の効果が十分に検証されれば、新型コロナウイルス感染症の効果的なワクチンが見つかるまでの橋渡し的な役割を担えると期待されている。また、BCGワクチンは、結核予防として乳幼児用に生産され数に限りがあるが、VPM1002はライセンス供与されているインドのワクチンメーカーで短期間に大量に生産できるとも言われている。

オーストラリア、スペイン、オランダの医療従事者1万人に臨床試験

世界保健機関(WHO)は、4月20日、「BCGワクチンが新型コロナウイルスの感染を予防することを示す証拠はない」との見解を明らかにしている。その一方で、新型コロナウイルス感染症に対するBCGワクチンの効果を検証する臨床試験は、ドイツ以外の国でもすすめられている。

豪メルボルンの小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート(MCRI)」では、3月27日、この臨床試験に着手し、すでに豪州の医療従事者2500名以上が参加。5月には、マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ夫妻が創設した慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」から1000万豪ドル(約7億円)の助成金を得、豪州のほか、スペイン、オランダの医療従事者1万人にまで被験者の規模を拡大させて、この臨床試験を実施する方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NZでコロナ感染急増・封鎖長期化なら追加刺激策検討

ビジネス

米ディズニーワールドのウイルス対策、会社側が労組要

ワールド

ロシア、15億ドルのレアアース投資計画 中国に次ぐ

ワールド

中国・深センでブラジル産冷凍鶏肉から新型コロナ検出

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月