最新記事

韓国

韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

2020年4月8日(水)18時30分
佐々木和義

日本批判をしてきた文政権にとって日韓スワップは微妙...... REUTERS/Kim Hong-Ji/Pool

<韓国金融界や経済界は日韓通貨スワップの再開に期待の声もあるが、与党支持者の間では日韓スワップに批判の声もある......>

新型コロナウイルスの感染者拡大で経済が萎縮するなか、韓国銀行は120億ドルを市中に供給した。米韓通貨スワップを原資に、2020年3月31日、銀行法で定める銀行と韓国産業銀行、中小企業銀行、韓国輸出入銀行を対象に入札を行った。他の金融機関は落札者から供給を受ける。

米連邦準備理事会は9カ国と通貨スワップを締結

米連邦準備理事会(FRB)は3月19日、新型コロナウイルスの拡大による経済の混乱を緩和するため、オーストラリアやブラジルなど9カ国の中央銀行と総額4500億ドルの通貨スワップを締結した。6カ月を予定し状況を見て延長を検討する協定で、韓国銀行は600億ドルの協定を締結した。

通貨スワップは、必要に応じて自国通貨を相手国の中央銀行に預け、相応する外貨を借りることができる制度で、借り受けた中央銀行は外貨を市中に流通させ、決済が不能となる事態を防ぐが、流動性が確保されるなど為替市場の安定化に寄与する効果がある。

韓国銀行はカナダ、中国、スイスなど7カ国と1332億ドル相当の通貨スワップ協定を締結している。外貨準備高は6か月以上の輸入決済代金に相当する4019億ドルで、すぐに問題が生じることはないが、安心できる規模ではない。

韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は2月22日と23日、サウジアラビア・リヤドで開かれた20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)に出席し、ジェローム・パウエル米FRB議長と会談を行って、米韓スワップを要請していた。

1回目の米韓通貨スワップは延長されなかったが......

韓国は貿易依存度が国内総生産(GDP)の約70%と米国や日本と比べて2倍から3倍高く、国内資本市場も外国人投資家が占める割合が40%に達するグローバル経済危機に脆弱な国のひとつである。1ドル=1100ウォン前後で推移していた外国為替市場は3月20日には1ドル=1285.70ウォンまでドル高ウォン安が進行した。2008年から09年に広がった金融危機以降、最大の変動幅だ。

1997年にタイを中心にアジア通貨危機が始まったとき、韓国では財閥が次々に破綻し、株価は暴落、国際通貨基金(IMF)の支援を受け、アメリカのサブプライムローン問題を発端とするいわゆるリーマンショックでも深刻な経済危機に陥った。米国と電撃的に締結した通貨スワップを利用した為替介入で一時的な安定を取り戻している。

1回目の米韓通貨スワップは2008年10月30日に電撃的に締結された。規模は300億ドルで2009年4月30日まで6カ月の期間限定だったが、2度の延長を経て2010年2月1日に終了した。リーマンショック前の2008年8月に1ドル=1089ウォンだった為替相場が1ドル=1200ウォンを超えたあたりから外貨の需給バランスが崩れ、一時1ドル=1500ウォンを超える水準までウォンが下落したのだ。

米韓通貨スワップの期限となったとき、韓国は延長を要請しなかった。外為市場は1ドル=1100ウォン台で安定しており、また、友好な関係にあった日本との通貨スワップや中国とも560億ドル相当の通貨スワップを締結していたのである。

ニュース速報

ワールド

米、中国旅客機乗り入れ16日から禁止 再開拒否に対

ワールド

EU、新型コロナ危険度を最高レベルに指定せず 4段

ワールド

英銀行、対EU交渉時間切れに備えるべき=英中銀

ワールド

サウジとロシア、協調減産1カ月延長で合意 順守強化

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    トランプ、州兵動員拒否の州知事を非難「NY市はずた…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月