最新記事

銃規制

モスク乱射事件から1年、ニュージーランドで薄れゆく銃規制への熱意

Recoiling from Gun Control

2020年4月8日(水)16時45分
ブレンダン・コール

銃の買い取り計画では5万6000丁が回収された PHIL WALTER/GETTY IMAGES

<新型コロナの影響で追悼式典が中止になるなど1年前に起きたモスク乱射事件の衝撃は風化、銃規制強化の実現が危ぶまれている>

1年前の3月15日、ニュージーランド南島のクライストチャーチにあるモスク(イスラム礼拝所)2カ所に男が乱入し、51人を射殺、49人を負傷させた。最年少の犠牲者は3歳、最年長は77歳。あまりにむごいテロだった。

警察は現場で5丁の銃を押収した。半自動小銃2丁、ライフル2丁、レバーアクションの銃1丁だ。容疑者のオーストラリア人ブレントン・タラントは2017年11月にニュージーランドの銃免許を取得しており、合法的に武器を買い集めていた。

ニュージーランド政府の対応は素早かった。「アメリカでは20年もかかったことを、彼らはたった数日でやり遂げた」と言うのは、米フロリダ州パークランドの高校で2018年に起きた銃乱射事件をきっかけに若者たちが立ち上げた銃規制運動マーチ・フォー・アワ・ライブズ(私たちの命のための大行進)の活動家ブリアナ・スペインアワーだ。

1週間とたたぬうちに、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は軍隊仕様の半自動小銃やアサルトライフルの販売を禁ずると発表。4月10日には議会で、1人を除く全議員が銃規制法改正案の第1弾に賛成し、半自動小銃とその弾倉などの所持や売買が禁じられた。

同年6月に提出された第2弾では、半年の猶予期間中に国が銃を買い取る計画を発表するとともに、国内にある推定150万丁の銃全てを警察が監視するための厳格な登録制の導入も盛り込まれた。

銃規制派のロビー団体ガンコントロールNZのフィリッパ・ヤスベクは「これで地域社会から銃が一掃されるとは思わないが、今よりずっと安全になる」と語り、銃に対する国民の考え方が変わったと付け加えた。「銃の所有は私権の問題じゃない。銃はその持ち主だけでなく、全ての人に影響を及ぼすものだ」

世論も圧倒的に味方した

しかし、攻勢の後には必ず反動があるもの。事件直後には盤石だったアーダーンへの支持も、今はかなり怪しくなった。国内の銃ロビー団体と野党・国民党が手を組んで、銃の登録制導入に抵抗しているからだ。

クライストチャーチの乱射事件後、ニュージーランド政府の取った迅速な対応はオーストラリアの先例に倣ったものだ。1996年にタスマニアで起きたポートアーサー虐殺事件(35人が死亡)を受けて、オーストラリア政府は厳格な銃規制を導入し、65万丁の銃器を返納させた。結果、死者を伴う銃乱射事件は激減した。1979年から96年までには13件あったが、その後はわずか2件にとどまる。

ニュース速報

ワールド

中国本土、新型コロナ新規感染者は4人に減少

ビジネス

豪航空ヴァージン、社債保有者が代替売却案提示に向け

ワールド

東京都とはコロナ対策や五輪で引き続き連携=官房長官

ワールド

英政府、利払い負担増やインフレに警戒を 元顧問6人

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は韓国版Netflix育成を宣言

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月