最新記事

韓国社会

元KARAク・ハラ、死後に噴き出した韓国の闇──遺産争い・N番部屋・女性嫌悪

2020年4月14日(火)20時10分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

ク・ハラをめぐるもう一つの事件──リベンジポルノ

そもそも、ク・ハラが自殺に至った大きな理由とされているのが「リベンジポルノ問題」だった。ク・ハラの元恋人チェ・ジェボム容疑者は、脅迫や障害の罪と本人の同意なしに性的動画を不法撮影した罪で昨年1月に起訴されている。

その後、この事件は韓国のフェミニズム意識の高まりとともに注目度も上がっていき、女性の盗撮被害やリベンジポルノという言葉もニュースなどでよく取り上げられるようになった。

そんななか、8月にはチェ容疑者に対する第1審判決が言い渡されたのだが、盗撮についてはなんと無罪となった。当時の担当判事オ・ドクシクは、無罪の理由を「動画は本人の意思に反して撮影されたわけではない」と言い、その他の障害や脅迫についても懲役1年執行猶予3年という極めて軽い判決結果を下した。

また、裁判中この動画に関して、ク・ハラは視聴をしないで欲しいと訴えていたが、オ・ドクシクは見たことを明かしており、これについてセカンドレイプだとの激しい非難を受けた。

その後、ク・ハラは自らの命を絶ってしまったが、もちろん裁判は続行されており、最終判決がこの5月21日に出ることが確定した。彼女のファンはもちろん、多くの女性団体もこの事件の行方を見守っている。

韓国を震撼させた「n番部屋」にもオ・ドクシクが

ところで、この判事オ・ドクシクだが、今また世間を騒がせている。それは、ク・ハラとは別に、あのN番部屋事件の担当判事としてだ。

先月17日、韓国で衝撃の「N番部屋事件」が発覚した。SNSアプリTelegramを使い、女性を脅迫しながら性的動画を撮影させ、それを有料会員に共有していたという卑劣極まりない手口に韓国中の人が驚愕し、怒りに震えた。被害者には未成年者も含まれ、シェアされていた動画には児童ポルノや集団レイプなど猟奇的な内容も多く、閲覧していた会員はなんと数十万人を超えるという。

首謀者「博士」ことチョ・ジュビン容疑者は捕まり、警察での捜査が今も続けられているが、そのチョ・ジュビンとTelegram内で対立し、その後独立して8千から2万人の有料会員相手に動画を提供していた別のチャットルームの管理人「太平洋」も逮捕された。

彼はなんと16歳で、未成年のために身元非公開とされている。この「太平洋」の担当裁判官がク・ハラのリベンジポルノ事件と同じオ・ドクシクと発表され、またしても男性有利な判決を下すのではないかと批判を浴びた。

さっそく韓国女性団体連合は、3月27日裁判所へオ・ドクシクではない別の裁判官への交代を要求。また大統領府のホームページにある国民請願の掲示板にも、オ・ドクシクを交代させるよう求める訴えが投稿され、あっという間に40万人が賛同の署名をした。最終的に3月30日ソウル中央地裁はオ・ドクシクを担当から交代することを発表した。

ニュース速報

ワールド

米下院、1.9兆ドルのコロナ法案可決 上院は時給引

ワールド

ミャンマー国連大使、異例のクーデター非難 国際社会

ワールド

バイデン米大統領、テキサス州訪問 寒波の被害状況視

ワールド

米大統領、報復空爆でイランに警告 「罰を免れること

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボンジュウ」を許されないとした理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 6

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 7

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 8

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 9

    株価が上がっているのに、「価値の下がっているモノ…

  • 10

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    バブルは弾けた

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    バブルは弾けた

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月