最新記事

事件

フィリピン政界、謎の連続殺人 非公開麻薬関連リストで広がる疑心暗鬼

2020年2月25日(火)19時45分
大塚智彦(PanAsiaNews)

麻薬対策で強硬姿勢を崩さないドゥテルテ大統領  Czar Dancel - REUETRS

<ドゥテルテがもつという麻薬容疑者リストに名を連ねた側近や町長らが次々と殺されている>

麻薬犯罪容疑者に対する厳しい姿勢を貫くドゥテルテ大統領の指示のもと、捜査現場での射殺を含む超法規的措置という強硬姿勢での取り締まりが続くフィリピンで、大統領の手元にある麻薬犯罪関連容疑者リストに名前が記載されているという市長や町長、法務関係者などが何者かに射殺される事件が相次いでいる。

ドゥテルテ大統領の側近とされた前国家警察長官や麻薬捜査で大統領から表彰を受けた警察幹部にも麻薬疑惑が広がっているが、ドゥテルテ大統領は側近、警察幹部といえども容赦ない姿勢で対処しており、その一貫した姿勢が国民の高い支持の背景にあるといえる。

一方で麻薬に「汚染された警察官」が数多くいると指摘される警察組織では、汚職警察官と目されている警察官約350人に対して国家警察長官が「警察の名誉を守るため」として早期退職を勧告する事態にもなっている。

問題の麻薬犯罪関連容疑者リストだが、職業と人数のみが公表され、定期的にアップデートされており、警察幹部、大統領などはその個人名など中身を把握しているといわれる。現在は、市長35人、副市長7人、地方政府委員会関係者1人、下院議員3人のほかに多数の警察、軍、裁判所などの関係者の名前が記載されているという。

法務当局は最も麻薬に汚染された官庁

2月19日、法務省矯正局のフレデリック・アンソニー・サントス氏が首都圏マニラの学校に通う娘を迎えるために学校前に自家用ピックアップトラックを駐車して待っていたところ、正体不明の男性2人が近づき突然発砲して徒歩で逃走。サントス氏は頭部に銃弾を受けて死亡した。

サントス氏は2019年に元国家警察長官のパンフィロ・ラクソン上院議員から服役中の中国人麻薬密売人との親しい関係を指摘され、それを否認していたものの、麻薬組織との深い関係が指摘されていた疑惑の人物という。

また同年9月にはニカイル・フェルドン刑務局長が上院の査問委員会に召喚された。これは、1990年代に婦女暴行や殺人罪で長期の禁固刑判決を受け服役しているフィリピンで最も悪名高い犯罪者アントニオ・サンチェス服役囚(70)の釈放命令書にフェルドン刑務局長が署名したことに対して、ドゥテルテ大統領が激怒。彼の解任と同様措置で彼が釈放した麻薬犯罪関連服役囚を含む約2000人の元服役囚の再逮捕を命じた。

この件が示すようにように法務省刑事局、矯正局は官庁の中でも麻薬関連でもっとも「汚染された部署」といわれている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

クレディ・スイス損失、年30億ドルに膨らむ可能性=

ワールド

徴兵逃れのロシア人2人が米で難民申請、ボートでアラ

ビジネス

英財務相、住宅ローン借り手支援問題で金融界代表と会

ビジネス

対マスク氏訴訟を停止、28日までのツイッター買収資

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月