最新記事

追悼

コービーが生前に語った人生の喜び、ビジネスへのこだわり、そして家族への愛

Life and Business According to Kobe

2020年2月22日(土)14時00分
ニューズウィーク米国版編集部

コービーは1月26日、乗っていたヘリコプターの事故で次女ジアナと共に亡くなった ILLUSTRATION BY ALEX FINE

<米NBAのレジェンド、コービー・ブライアントは悲劇的な死の前に、自らの人生とキャリア、家族について語り尽くしていた>

1月26日、カリフォルニア州カラバサスでヘリコプターが墜落し、乗っていた9人全員が死亡。中にコービー・ブライアント(41)と次女ジアナ(13)も含まれていた――。

衝撃の訃報が届いて以来、コービーについては実に多くが語られてきた。言うまでもなく、彼はオールスターゲーム通算18回出場の伝説的なNBAプレーヤーであり、名門ロサンゼルス・レイカーズの顔でもあった。

しかし彼にはほかにも、さまざまな顔があった。脚本を書きナレーターを務めた短編アニメーション『親愛なるバスケットボール』はアカデミー賞短編アニメ賞を受賞。児童書をプロデュースし、スポーツにまつわる物語を映画や本で伝えたくてマルチメディアの製作会社グラニティ・スタジオも設立している。

2016年に現役を退いて実業家に転じたコービーは、バスケットボールに向けてきた情熱を、どう第2の人生に注いだのか。実は、知られざる「コービー2.0」の素顔に迫るポッドキャストがある。昨年9月に配信されたもので、聞き手は本誌の常連寄稿家でもあるジョーダン・ハービンジャー。

話題は、レイカーズの名物コーチだったテックス・ウィンターに学んだ数々の教訓から、歌姫テイラー・スウィフトが長く頂点に立ち続けている秘訣に関する考察、そして家族への思いにまで及ぶ。以下はそのハイライト。(なおjordanharbinger.com で、エピソード番号249を検索すれば全編を視聴できる)

バスケットボールと創作の共通点について

分野は全く違うが、プロセスに注目すれば構造は同じだ。小説や映画を作るのも、毎日のゲームを組み立てるのも、プロセスは同じ。完成するものは丸きり違うが、設計の仕方は同じだ。

創造のプロセスを、私は楽しんでいる。バスケットボールとちっとも変わらない。バスケも楽しんでやっていた。引退後もラッキーだったね。同じくらい愛せるものを見つけたのだから。

新しい何かを創造する

誰かと比べて自分の向上心に火を付けようとしたことはないね。ライバルが必要なのは最後の2%だけ。競争心の98%は自分の内面から、バスケ愛から湧いてきた。

(映画や本を作るときも)原動力は創造への愛だ。今までなかったものを創造しているという手応えを感じると、とてもワクワクする。世界にはスポーツがテーマのファンタジー小説がないから、そうした作品を送り出したい。

情熱の炎について

NBAファイナルで5回、6回、7回は優勝したい――それが私の目標だった。誰に何を言われようと、目標は人が期待するより高く掲げた。

そういう情熱はコントロールできない。情熱の炎は燃やし続けなければならない。自分ではどうしようもない。毎朝起きると自然に体が動いてしまうんだ。

さあ休みを取るぞ、休暇中はバスケのことは考えないぞと決心しても、2日か3日が限度。コートに戻れば、バスケットボールへの情熱がせきを切ったようにあふれ出す。

ニュース速報

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

ワールド

英国との通商合意、数日中に相違解消なら可能=EU首

ワールド

英公的部門借り入れ、GDP比103.5%に拡大 1

ワールド

必要な時期に躊躇なく経済への対応行う=補正・経済対

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月