最新記事

ドイツ

与党CDUの迷走でドイツの未来は予測不能──埋められないメルケルの穴

GERMANY’S CRISIS OF THE RIGHT

2020年2月21日(金)18時30分
キャロリン・ロス(米CNBCリポーター)

緑の党主催会議の標語「リスクを避ければ全てを失う」 LEON KUEGELER-REUTERS

<2020年下半期のEU議長国に決まっているだけに、ドイツ与党の体たらくぶりは欧州全体の進退に影響を及ぼしかねない>

いつもは退屈なほど静かなドイツの政界が大揺れだ。昨年10月のチューリンゲン州議会選で例によって各党の勢力が拮抗、今月になってようやくリベラルな小政党の出身者が州首相に選出されたのだが、その際、国政与党のキリスト教民主同盟(CDU)はなんと、極右「ドイツのための選択肢(AfD)」と手を組んだ。第二次大戦の経験から極右を徹底して排除してきたドイツでは前代未聞の出来事だ。

この責任を取って、アンゲラ・メルケル首相の後を継ぐはずだったCDU党首アンネグレート・クランプカレンバウアー(通称AKK)が辞任を表明した。ちなみにAKKは選挙期間中のネット言論規制の必要性を示唆するなどで物議を醸し、支持率はすっかり下がっていた。

来年には総選挙が控えているので、CDUは急いで新党首を選ぶ必要がある。後継候補としては、イェンス・シュパーン保健相、実業家のフリードリヒ・メルツ、ドイツ最大の人口を擁するノルトライン・ウェストファーレン州首相のアーミン・ラシェットらの名前が浮上している。

CDUと社会民主党(SPD)の連立が崩壊したら、深刻な政治危機に陥るのではないか。2017年の総選挙で躍進したAfDへの対抗措置として、CDUとSPDは連立を組んだが、相性はもともと良くない。昨秋に温暖化対策で合意にこぎ着けた以外、めぼしい成果もない。

SPDも一枚岩ではない。昨年の党首選でオーラフ・ショルツ副首相兼財務相が屈辱的敗北を喫した。これで、ショルツ肝いりの「ユーロ圏銀行同盟構想」も頓挫しそうだ。党の支持率は1949年以来最低の11%まで落ち込んでおり、来年の選挙で政権入りする可能性はほぼ消えた。

「良識の代弁者」メルケル

SPDに取って代わりそうなのが、昨年の欧州議会選挙以来、躍進が目覚ましい緑の党だ。共同党首のアンナレーナ・ベーアボックとロベルト・ハベックは未来を担う指導者とされ、特にハベックは政治家としてメルケルに次ぐ人気を誇る。

CDUが来年の総選挙で第1党の座を失えば、緑の党から首相が誕生する可能性もある。CDUにとっては実に屈辱的な事態だ。それだけは避けたいから、CDUの上層部は一致団結して、来年の総選挙でもSPDとの連携を維持する重要性を説いている。連立政権の崩壊となれば、ますます有権者は離れていくだけだ。

EU諸国はドイツの政局を不安な思いで見つめている。ドイツは今年下半期のEU議長国だ。気候変動や移民問題、離脱後のイギリスとの貿易関係などについて、ドイツの指導力に期待が集まっている。

ニュース速報

ワールド

現金給付30万円で首相と一致、一定の所得減あった世

ワールド

経済対策と緊急事態宣言セットだと大きなパワーに=小

ビジネス

需給ギャップ、10ー12月は0.73% プラスは1

ビジネス

米エアビー、自社評価額を260億ドルに引き下げ=関

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月