最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

「韓国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁を育んできた韓国人たちの物語

WHAT THEY LOVE ABOUT JAPAN: KOREAN STORIES

2020年2月4日(火)06時45分
森田優介(本誌記者)

ソウルの繁華街 SeanPavonePhoto-iStock.

<「反中」「反韓」「反日」......国と国民を同一視した言説があふれるが、隣国との間には個人レベルのつながりも多く存在する。「人を知る」視点を提供するべく、日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの生きざまを紹介する特集を企画した>

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、反中感情が世界に広がっている――そんな報道が出た。

憎むべきはウイルスであり批判すべきは当局の対応だとする冷静な声や、中国人差別に反対する動きもある。だが蔓延する不安が、「自業自得だ!」「出て行け!」という罵声をネットや路上にあふれさせる。

本誌は前号で、日本との縁を育んできた中国人たちを取り上げた。東京で活躍する声優から上海で日本式の保育園をつくった母親まで、一人一人の物語を提示することで、今まさに目の前で起こっているような、国と国民を同一視して糾弾する言説に異を唱える狙いがあった。

今号は韓国人だ。過去最悪に陥った日韓関係の中で、韓国人は全員「反日」だと捉え、それに対抗するかのように、韓国政府に限らず「韓国人」全体を批判する日本人――。日本のカルチャーを敬愛する韓国人を紹介することで、そうした風潮に対しても、日本と韓国の間に確かに存在するつながりを再提示できればと願っている。

毎号一般人のスナップ写真を無数に載せる「東京グラフィティ」という日本の若者向けカルチャー誌がある。2019年12月号の特集は「日韓LOVE&PEACE」となかなかに冒険的だ。山本太郎やタレントのはるな愛、評論家の金慶珠らが登場し、関係改善を訴えている。

だがそれよりも目を引くのが、日本人と韓国人夫婦の家族8組、そして日本人と韓国人の若いカップル10組のスナップ写真だ。韓国のアイドルや化粧品が好きな日本人もいれば、日本のアニメや映画が好きな韓国人もいる――といった、誰もが見聞きする以上の「つながり」が軽やかに映し出されている。

magSR200203korean-intro-2.png

2月11日号「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集の冒頭

今すぐに韓国人の友人を見つけることは難しいかもしれない。だが、本誌で描き出す韓国人たちの物語に耳を傾けることで「人を知る」視点を得ることはできる。なぜソウル出身の女性タレントが日本語で短歌を詠むのか。なぜ韓国のDJが日本の「昭和歌謡」をメインに活動するのか。そこから見えてくる何かがあるはずだ。

国同士の関係には厳しい現実が横たわっている。しかし個人レベルのつながりもまた、もう1つの確かな現実だ。彼らの「日本の●●を好きな理由」が、韓国だけでなく日本を見つめ直すきっかけにもなる。

<2020年2月11日号「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集より>

「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」より
ソウルで日本人客をおもてなし 「小川剛(長渕剛+小川英二)」の語った原点
ナイトテンポ、「昭和歌謡」で世界をグルーヴする韓国人DJの軌跡
「短歌は好きのレベルを超えている」韓国人の歌人カン・ハンナは言った

20200211issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月11日号(2月4日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集。歌人・タレント/そば職人/DJ/デザイナー/鉄道マニア......。日本のカルチャーに惚れ込んだ韓国人たちの知られざる物語から、日本と韓国を見つめ直す。

【参考記事】「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁を育んできた中国人たちの物語

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。


●お知らせ
弊社刊行「Pen」誌の最新号は「平壌、ソウル」特集です。

pen20200215issue_cover150.jpg

【特集】平壌、ソウル
エレキベースを抱えた少女とギターを抱えた少女。
彼女たちが暮らすのは、北緯38度の軍事境界線を挟んで約196㎞の位置にある、平壌とソウル。
もとはひとつの国に暮らし、同じ言葉を話す人々が分断されて、70年以上が経った。
日々、両国のニュースは流れてくるが私たちはどれだけのことを知っているだろう。
偏見や思い込みから逃れて、初めて見えてきた2つの巨大都市のリアルを示す。

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)


ニュース速報

ビジネス

英BA、従業員3万2000人の一時帰休で労組と交渉

ワールド

新型コロナ、スペインの死者が1万人超える

ビジネス

3月の世界食料価格は低下、新型コロナや原油安で

ビジネス

英企業の27%、一時的に従業員削減 新型コロナで

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月