最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

日本一「日本」を伝える中国SNSの女神「林萍在日本」

2020年1月29日(水)11時00分
高口康太(ジャーナリスト)

magSR200128chinese-sunzhuting-3.jpg

COURTESY OF LINPING ZAI RIBEN

華やかなだけじゃない

再び転機が訪れたのは2015年のこと。日中関係の緊張は和らぎ、円安効果も相まって、訪日中国人が急増する。いわゆる「爆買い」ブームだ。

訪日中国人は今後も増え続けるはず、日本語人材の需要も高まるはずと孫は予測し、2016年に生活の場を日本に移した。

magSR200128chinese-sunzhuting-4.jpg

COURTESY OF LINPING ZAI RIBEN

ちょうどこの頃、SNSにも変化の波が訪れていた。ウェブサービスのはやり廃りは早い。ブログからSNS、ストリーミング動画、ショート動画と流行は猫の目のように変わっていく。

生き残るためには、その変化に合わせて自らを変えなければならない。それまでは文字と写真で伝えていた孫だが、日本移住を契機に自ら動画に出演し、自分というキャラクターを前面に押し出すインフルエンサーへと役割を変えていった。

この転換が功を奏し、トップの地位を築くことができたのだ。今では日本の商品や東京の流行スポットを紹介するだけでなく、日本全国を飛び回り(ほとんどの都道府県を訪れたという)、ブランディングに携わることもある。

magSR200128chinese-sunzhuting-5.jpg

COURTESY OF LINPING ZAI RIBEN

しかし「華やかな仕事に見えるかもしれないけれど、実際は大変」と、孫は言う。目に見える仕事以外に、クライアントと打ち合わせをしたり企画書を書いたりと裏方の仕事も多くこなしている。

「インフルエンサーを使ったPRの長所は、見た人が面白いと思えばどんどん広めてくれること。だから面白いコンテンツを作り込まないと意味がないが、フォロワーが多い人が宣伝してくれればそれでいいぐらいに思ってる人もいっぱいいるみたいで」と、孫は言う。

「そういう人を説得して、面白いコンテンツを一緒に作ろうと説き伏せる、これは結構大変ですよ(笑)」

ニュース速報

ビジネス

英住宅価格、3月は前月比横ばい 上昇途絶える

ワールド

インドネシア政府、首都のコロナ制限措置拡大要請を承

ビジネス

緊急経済対策で国債増発26.2兆円、市中分は過去最

ワールド

緊急事態宣言を発出、2週間後のピークアウト可能と安

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月