最新記事

中東

中東和平案、トランプの本音は何か

What Does Donald Trump's Middle East Peace Plan Say

2020年1月29日(水)19時30分
トム・オコナー

1月28日にホワイハウスで中東和平案を発表したトランプとネタニヤフ Joshua Roberts-REUTERS

<中東和平の仲介役に意欲をみせてきたトランプが中東和平案を発表。イスラエル寄りの姿勢が目立ち、パレスチナは反発を強めている>

ドナルド・トランプ大統領の中東和平案がついに発表された。80年にわたるイスラエルとパレスチナの領土紛争に終止符を打つために、長年争いの的だった地域をイスラエルに支配させ、パレスチナに国家として独立する可能性のある道を開くという内容だ。

トランプは1月28日、ホワイトハウスでイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相と共に80ページの「平和と繁栄、より明るい未来のためのビジョン」を発表し、イスラエルとパレスチナの紛争を解決する戦略を明らかにした。トランプとネタニヤフはともに選挙を目前に控え、しかもスキャンダルに直面している。

Israel_map.jpg

トランプ和平案の概念図 DONALD J. TRUMP

トランプは「権力乱用」と「議会妨害」の容疑で弾劾裁判に直面している。ネタニヤフは、トランプの和平案発表の数時間前に収賄、詐欺、背任の容疑で正式に起訴された。

投資と経済的繁栄を約束

今回の和平案は、「パレスチナの領土を倍以上に増やし、アメリカが大使館を置く東エルサレムをパレスチナの首都とする」ものだ、とトランプは述べた。ただし、パレスチナが首都にできるのは、イスラエルの占領下にある東エルサレムの分離壁の外側の地域になる。トランプはパレスチナの管理地域への多額の国際経済投資も約束した。

この和平案は、ヨルダン川西岸と東エルサレムの境界を劇的に変える。この二つの地区は1947年の国連によるパレスチナ分割案によってパレスチナ人国家の一部として認められていたが、1967年の第三次中東戦争でイスラエルが占領し、実効支配している。

トランプ和平案の枠組みでは、イスラエルがヨルダン川西岸地区と東エルサレム、および東部国境沿いのヨルダン渓谷に建設されたユダヤ人入植地を併合し、自国の法律を適用することができる。

パレスチナは非武装化された国家となり、ヨルダン川西岸とガザ地区を結ぶトンネルが建設される。パレスチナは新たにエジプト国境沿いの南西部の砂漠地帯を獲得し、イスラエル西部とヨルダン南部の港湾施設にアクセスできるようになる。

「パレスチナ人もイスラエル人も、今住んでいるところから追い出されることはないだろう」と、トランプは言う。

トランプによればイスラエルは、パレスチナ側が和平交渉への参加に同意した場合は誠意の印として、入植地の建設を5年間中断することにも同意したようだ。

トランプの和平案には、パレスチナ自治区の経済的に困窮した地域への多額の投資も含まれている。この案で、今後10年間にパレスチナ人100万人分の新たな雇用を創出し、貧困を半分に減らし、パレスチナのGDPを2倍から3倍にする、とトランプは確約する。和平案は、教育、観光、インフラ、ヘルスケアなどに支えられた堅実な市場経済をパレスチナに築き上げる構想を提示している。

この政策は、アラビア半島の豊かな国々が、ヨルダン川西岸とガザ地区の商業と建設を盛り上げるために500億ドルの投資をするという希望的観測に基づいている。

<参考記事>なぜ5月14日に米国はエルサレムで大使館を開設したかー「破局の日」の挑発
<参考記事>エルサレム首都認定は米政権も説明できないトランプ究極の利己的パフォーマンス

ニュース速報

ワールド

中国外務省「米国は各国を脅迫」、国務長官のスリラン

ビジネス

東証が障害の再発防止で協議会、午前には金融庁が立ち

ビジネス

ロンドン証取、リフィニティブ買収は第1四半期完了へ

ビジネス

国内超長期債や外貨クレジットへの投資を拡充=住友生

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 7

    「新型コロナウイルス、絶滅する可能性は低く『永久的…

  • 8

    返済が一生終わらない......日本を押しつぶす住宅ロ…

  • 9

    台湾当局「中国の『フーリガン』外交官恐れず建国記…

  • 10

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月