最新記事

中東

イラン・ハメネイ師、ミサイル攻撃で「米国に平手打ち食らわせた」 国民に結束求める

2020年1月18日(土)10時19分

イランの最高指導者ハメネイ師は金曜説教で、イラクの米軍駐留基地に対するイランのミサイル攻撃について触れ、大国の「顔に平手打ち」を浴びせるにあたり神の加護があったことを示していると述べた。写真はイラン・テヘランで8日撮影(2020年 ロイター/Official Khamenei website)

イランの最高指導者ハメネイ師は17日、8年ぶりとなる金曜説教で、イラクの米軍駐留基地を狙ったミサイル攻撃について触れ、イランは米国の「顔に平手打ちを食らわせた」と述べた。また自国の核プログラムを巡る対立を受けて米国が科した制裁にイランが屈服することはないと強調した。

テヘラン中心部の大型祈祷ホールには数千人が集まり、建物の外にも人があふれ、「アメリカに死を」と叫んだ。

ハメネイ師は「イランが大国にこうした平手打ちを浴びせる力があるという事実は神の手を示している」と指摘。米国が革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したことについては、米政権の「テロリスト気質」が表れていると述べた。

コッズ部隊は対外工作を取り仕切る重要組織だが、ハメネイ師はソレイマニ氏の活躍は今後も引き継がれるとし、コッズ部隊が「抑圧に苦しむ地域中の国々を守る」と表明した。

またウクライナ民間機の誤爆は悲劇であり、ソレイマニ司令官殺害を目立たなくするために米国やその同盟国が利用した非常に悲しい出来事だと表現。「わが国の敵どもは革命防衛隊や軍部隊を弱体化させるために、言い訳を見つけては喜んでいたのだ」と語り、2月に行われる国会選挙を前に国民に理解と結束を求めた。

イランは当初、ウクライナ機の事故を「技術的トラブル」と説明していたが、その後イラン軍による誤爆であると認めた。これを受け各地で市民らによる大規模な抗議デモが相次いでおり、政府への風当たりが強まっている。

ハメネイ師は、英仏独がイランへの国連制裁の再開につながる紛争解決手続きに踏み切ると発表したことについて、これら欧州3カ国は信用できないとした上で、イランに圧力をかけるための3カ国の行動がうまくいくことはないと主張した。

米国務省のフック・イラン担当特別代表は、イランの脅威は同国のさらなる孤立を招くだけだと警告した。

[ドバイ ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200121issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月21日号(1月15日発売)は「米イラン危機:戦争は起きるのか」特集。ソレイマニ司令官殺害で極限まで高まった米・イランの緊張。武力衝突に拡大する可能性はあるのか? 次の展開を読む。

ニュース速報

ワールド

中国外務省「米国は各国を脅迫」、国務長官のスリラン

ビジネス

東証が障害の再発防止で協議会、午前には金融庁が立ち

ビジネス

ロンドン証取、リフィニティブ買収は第1四半期完了へ

ビジネス

国内超長期債や外貨クレジットへの投資を拡充=住友生

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 7

    「新型コロナウイルス、絶滅する可能性は低く『永久的…

  • 8

    返済が一生終わらない......日本を押しつぶす住宅ロ…

  • 9

    台湾当局「中国の『フーリガン』外交官恐れず建国記…

  • 10

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月