最新記事

気象

森林火災が続くオーストラリア、干ばつの後は大雨で洪水になる恐れ

2020年1月8日(水)18時30分
松岡由希子

空からも救助活動がつづく ...... Nicole Dorrett/Australian Department of Defence/REUTERS

<森林火災が続くオーストラリアでは、干ばつが長期にわたる一方で、今度は広範囲で雨が激しく降り、洪水が発生する可能性が警告されている ......>

オーストラリアでは、南東部を中心に大規模な森林火災が続き、甚大な被害をもたらしている。最大都市シドニーを擁するニューサウスウェールズ州では、2020年1月3日、山火事に関する非常事態を宣言。8日時点で20名が死亡し、1687棟の家屋が焼失している。

オーストラリアは、暑く乾燥した夏季に森林火災が発生しやすい。特に2019年は年間降水量が観測史上最低を記録し、広範囲にわたって乾燥した状態が続いていた。オーストラリア気象庁の予報では、2月から4月にかけて平年並みに回復するとみられており、降雨も期待できるという。

干ばつの後、大雨が洪水をもたらすおそれがある

しかしながら、干ばつの後の大雨は洪水をもたらすおそれがあり、十分な注意が必要だ。干ばつの影響で土壌が露出して植生が不足し、森林火災により森林や草原が焼失すると、洪水リスクが高まる。北東部クイーンズランド州では、厳しい干ばつの後、2019年1月から2月にかけて雨が降り続き、記録的な洪水に見舞われた。

同様に、干ばつが続いていたインドネシアの首都ジャカルタでも、2019年12月末から2020年1月1日にわたる豪雨によって洪水や土砂崩れが発生している。

降水量が観測史上最低だったが、サイクロンが接近する兆候

オーストラリア北部では、雨期の開始が遅れており、2019年10月から12月までの降水量が観測史上最低を記録したが、近々、サイクロンが接近する兆候がみられる。

南部では、一部の地域ですでに厳しい熱波に見舞われているものの、そのピークはまだ1ヶ月先だ。干ばつが長期にわたる一方で、広範囲で雨が激しく降り、洪水が発生する可能性もある。

豪モナシュ大学のネヴィル・ニコルス教授によると「地球温暖化により季節予報が複雑となっているものの、天気予報の精度は上がっている」という。

オーストラリア気象庁では、公式ウェブサイトで天気予報を更新しているほか、ニューサウルウェールズ州地方消防局の「Fires Near Me」やビクトリア州の防災アプリ「VicEmergency」など、地方自治体でもインターネットやモバイル端末を活用した情報共有を積極的にすすめ、地域住民に注意を呼びかけている。

ニュース速報

ビジネス

米新築住宅販売、9月は前月比3.5%減 予想に反し

ビジネス

コロナ治療法、ワクチンよりも容易で安価=ブラジル大

ビジネス

米当局、共和党全国大会でのポンペオ氏演説調査 ハッ

ビジネス

スイスの銀行、コロナ禍にうまく対応 フラン高を警戒

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月