最新記事

連続レイプ事件

男性190人をレイプした男、英で終身刑に その恐るべき二面性

Man Jailed for Raping 48 Men Dubbed 'Britain's Most Prolific Rapist'

2020年1月7日(火)16時00分
イワン・パーマー

1月6日に終身刑を言い渡された「英史上最多のレイプ魔」、 インドネシア人のシナガ(36) The Crown Prosecution Service (CPS)/REUTERS

<まじめそうな博士課程の留学生のふりをして、男を自室に誘ってはレイプドラッグで意識を失わせて一晩中レイプし、鑑賞用にその動画を残す──10年間捕まらずに犯行を続け、警察が犠牲者は190人以上にのぼると言う「邪悪な」インドネシア人が終身刑に>

イギリスで190人の男性をレイプしたとみられる男が、そのうち48人のレイプで有罪になり、刑務所に入れられた。

レインハード・シナガ(36)は、マンチェスター刑事法院で6日、136件の異なるレイプ現場を2台のスマホで録画していた容疑に対する裁判も含めて159件の罪で有罪とされ、終身刑を言い渡された。警察によると、動画からは被害者は190人以上にのぼるとみられるという。

インドネシアの裕福な家の出身で、2007年に勉強のためイギリスに留学したシナガは、北部マンチェスターの学生に人気がある一角でナイトクラブやバーをうろつきながら襲う相手を物色した。

警察によれば、シナガは潜在的な目標に話しかけ、酔っ払って孤独で、無防備な男性を狙って家に連れ帰った。被害者の男性はほとんどが白人の若い異性愛者だった。

シナガはレイプドラッグのGHBと思われる薬で相手を意識不明にしてからレイプし、その模様を撮影した。暴力が数時間におよんだケースも複数あったと言う。

webw200107-rape02.jpg

犯行現場の室内


シナガの極端な犯行が明るみに出たのは、2017年6月に被害者の一人が途中で意識を取り戻してから。18歳の彼はシナガと戦い、彼のiPhoneを奪って逃げ、通報した。

シナガのスマートフォンや電子機器を調べたマンチェスター警察は、DVD250枚分のデータに相当するどぎつい動画を発見した。シナガが被害者をレイプする動画だ。

捜査当局は、有罪となった48人の件を含め、全部で190人以上の被害にシナガを結びつける証拠を掴んでいる。警察によれば、捜査の過程で浮かび上がったが今も身元のわからない被害者が70人おり、彼らを探しているという。

「レインハード・シナガはイギリス史上で最多の大量レイプ魔だ」と、検察局のイアン・ラシュトン副検事は声明で言った。「誰に何をしても許されるという極端な傲岸さは信じがたい。もし捕まっていなければ、今も被害者を増やし続けていただろう」

「シナガはモンスターだが、見た目が優しそうなので被害者は騙されてしまった。多くは、泊めるところを提供してくれた彼の親切さにお礼を言っている」

「だが、ひとたび自室に戻ると被害者は何をしてもいい単なるモノになる。法廷で彼が撮ったレイプ動画が再生されると、それを人前で見ることや、被害者たちが証言をさせられトラウマを悪化させることに倒錯した喜びを感じているようだった」

金持ち留学生の驚くべき二重生活


公判中、シナガは容疑を否定し、被害者たちはシナガの性的ファンタジーを楽しむために死んだふりをしていただけだと主張した。

証拠として提出された動画では、被害者たちはまったく無反応だったり、イビキをかいたり、なかには吐く者もいた。それなのにシナガは「同意の上の性行為だと言い張った」と、ラシュトンは言う。「こんな馬鹿げた弁護を覆し、有罪にできてよかった」

グレーター・マンチェスター警察副所長のマブス・フセインは、シナガは「邪悪な人間」だったと、判決後に語った。

「外の世界に対しては博士課程の学生で通り、法に従う人々の友人のような顔をしていた」と、フセインは言う。「だが実際は、大量レイプ魔だ。こんなに長く本性を暴かれずに犯行を重ねられたこと自体、彼が計算高い犯罪者である証拠だ」

<参考記事>フランス人記者が見た伊藤詩織さん勝訴とこれからの戦い
<参考記事>なぜレイプ事件は被害者と加害者が逆転するのか?

20200114issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月14日号(1月7日発売)は「台湾のこれから」特集。1月11日の総統選で蔡英文が再選すれば、中国はさらなる強硬姿勢に? 「香港化」する台湾、習近平の次なるシナリオ、日本が備えるべき難民クライシスなど、深層をレポートする。

ニュース速報

ワールド

英EU離脱関連法が成立、エリザベス女王が裁可

ワールド

プーチン大統領、安保理常任理事国の首脳会議開催を呼

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初の死者 

ビジネス

ECBが戦略検証開始、総裁「調整力発揮」 成長リス

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月