最新記事

事件

フィリピン、資金難のイスラム過激派が「誘拐ビジネス」 インドネシア人漁民5名拉致

2020年1月31日(金)20時02分
大塚智彦(PanAsiaNews)

イスラム過激派アブ・サヤフに誘拐されたインドネシア人漁民 KOMPASTV / YouTube

<フィリピン国軍との激しい戦争に敗れたイスラム過激派は、海賊に成り下がった?>

インドネシアのカリマンタン島(マレーシア名ボルネオ島)東北部、フィリピン南部に接続するマレーシア・サバ州沖海域で操業中だったインドネシア漁船が正体不明の武装集団に襲撃され、インドネシア人漁民5人が誘拐される事件が起きた。インドネシア海上警備当局やマレーシア海上治安当局、フィリピン海軍などが合同で捜索活動を続けているが、これまでのところ発見に至っていない。

同海域ではこれまでにもインドネシア漁民が誘拐される事件が発生しており、その大半がフィリピン南部で武装闘争を続けるイスラム教テロ組織「アブ・サヤフ」による犯行であることなどから、今回も同グループによる身代金目当ての誘拐事件とみて、フィリピン軍はアブ・サヤフが主に活動拠点としている南部ホロ島やバシラン島などに部隊を投入するとともに周辺住民からの情報収集活動を通じた捜索活動を強化している。

米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」やフィリピンのメディアが伝えたところによると、マレーシアの治安当局は16日午後8時ごろサバ州沖タンビサン島近くのマレーシアの領海内海域でインドネシア漁船が襲撃され、漁民が誘拐される事件が起きたと、18日に明らかにした。

報道などでは銃で武装し覆面をした6人組が船で近づき、インドネシア漁船(乗員8人)に乗り込み、船ごとフィリピン方向へ連れ去り、翌17日船長らを除く3人が漁船ごと解放されマレーシア警察に届け出て、誘拐事件の詳細が明らかになった。

マレーシア、フィリピン両国の海上治安関係者は手口や犯行海域、解放された乗組員の証言などから犯行組織はアブ・サヤフに間違いないとの見方を強めている。

資金不足のアブ・サヤフが誘拐ビジネス

アブ・サヤフは米政府とフィリピン政府によって「テロ組織」の指定を受けており、2017年5月には南部ミンダナオ島の南ラナオ州の州都マラウィ市がIS(イスラム国)などの武装組織に占拠された事件にも深く関与していた。マラウィ市が同年10月にフィリピン軍によって解放された後、アブ・サヤフなどのメンバーはミンダナオ島から脱出。ホロ島やバシラン島のあるスールー諸島で再結集して活動を活発化させていた。

さらに一部のメンバーはルソン島のマニラ首都圏に潜伏したり、海路でインドネシアやマレーシアへ脱出したりしてテロの機会を探っているとみられていた。

ニュース速報

ビジネス

独GDP改定値、第1四半期は前期比-2.2%・前年

ワールド

中国政府、米による中国航空会社への規制に異議

ワールド

焦点:閑散とする街の診療所、コロナが招く経営悪化 

ワールド

原油先物は上昇に転じる、ロックダウン解除で需要増に

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月