最新記事

北朝鮮

兵士が農民に銃を向けて......北朝鮮「食糧争奪」で分裂の危機

2019年12月19日(木)13時00分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

食糧事情の悪化で当局は軍糧米の徴収を急いでいる(写真は朝鮮人民軍創立70年のパレードに参加した兵士) Damir Sagolj-REUTERS

<今年コメの収穫が大きく減少した北朝鮮では、軍糧米の拠出をめぐって各地の党下部組織と協同農場が激しく対立する事態となっている>

米農務省は、先月13日に発表したコメに関する報告書で、今年の北朝鮮のコメ収穫量が昨年の157万3000トンから21万3000トン(約13%)減少した136万トンになる見込みだとしている。また、国連人道問題調整事務所(OCHA)も先月4日に発表した報告書で、全人口の約4割にあたる1010万人に対して緊急の食糧支援が必要な状況だと明らかにしている。

このように北朝鮮の食糧事情が逼迫する中、当局は軍に配給する軍糧米の徴収を急いでいるが、強引なやり方で農業関係者とのトラブルが続発している。

軍糧米を確保しようとする軍と、なかなか渡そうとしない農場との間では以前からトラブルが頻発していたが、今年はより深刻なようで、今年10月には道内の平城(ピョンソン)市の慈山(チャサン)協同農場で、軍糧米の徴収にやってきた糧食参謀と、農場の幹部との間で大げんかとなり、兵士は空砲を撃った上で、実弾の装填された銃を農民に向ける騒ぎに発展した。

軍はいま、北朝鮮で最も「飢えた集団」と言われており、上層部から末端の兵士まで、食糧の確保に血眼にならざるを得ないのだ。

<参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

<参考記事:【スクープ撮】人質を盾に抵抗する脱北兵士、逮捕の瞬間!崩れゆく北朝鮮軍の規律

一方、農民の側にもそうやすやすと食糧を渡せない事情がある。

農民の多くは、高利貸しから秋の収穫後に利子を付けて返す条件で穀物を借りる。それで農機具や種を得て農業をするのだが、収穫物をほとんど奪われるような状況では返済に行き詰まってしまう。

北朝鮮が誇る大穀倉地帯「十二三千里平野」にある平安南道(ピョンアンナムド)の文徳(ムンドク)でも、軍糧米の供出を巡り郡党(朝鮮労働党文徳郡委員会)と各協同農場の管理委員長らが激しく対立した。

現地のデイリーNK内部情報筋によると、郡党の幹部は「計画量どおりのコメを上納せよ」との指示を出したが、管理委員長らは応じなかった。「今年の作況を考えると、計画量の100%は不可能で、半分でも困難だ」と、激しく反発したという。

同じ十二三千里平野にある平原(ピョンウォン)郡の各協同農場では、今年の収穫が例年の半分に満たない状況だったというから、文徳の状況も推して知るべしだ。計画量どおりの軍糧米を出せば、手元に残るものはほとんどないだろう。

それでも軍糧米を確保しなければならない郡党は、管理委員長らを50時間にわたり監禁し、指示をゴリ押ししたという。

しかし、目先の軍糧米がそれで確保できたとしても、収穫物を根こそぎ持っていかれた農民に残された道は、都会に出て働くか、夜逃げするくらいしか方法がない。農場からは人が減り、翌年の農業生産にも影響するという、最悪の悪循環に陥ってしまう可能性すらある。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

dailynklogo150.jpg



関連ワード

ニュース速報

ワールド

マティス前米国防長官、沈黙破りトランプ氏批判 「国

ワールド

カナダ、空港従業員と搭乗員の大半にマスク着用義務付

ワールド

米上院、「ノルドストリーム2」巡る制裁強化法案を週

ワールド

トランプ氏、ノースカロライナ州外で大統領候補指名受

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月