最新記事

映画

ホラーをハッピーエンドで封じようとして......『シャイニング』の続編はコケた

Pleasing Two Masters

2019年12月4日(水)18時50分
サム・アダムズ(スレート誌映画担当)

ダンは惨劇が起きたホテルを再訪し、過去の亡霊と対決する (c) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

<原作者のキングとオリジナル版監督キューブリックのどちらも喜ばせられない『ドクター・スリープ』>

ハッピーエンドになるかどうかは、どこで物語を終わらせるかで決まる――そう豪語したのは巨匠オーソン・ウェルズ。だがシリーズ物が席巻する今の映画界では、どんな幸せな結末も長くは続かない。

ホラー映画の金字塔『シャイニング』(1980年)はダニー少年が母ウェンディと共に、狂気と酒にむしばまれた父から命からがら逃げる場面で終わる。観客は安堵したが、ハッピーエンドとは言い難い。夫に惨殺されかけたウェンディの心の傷は深いだろうし、ダニーも容易に立ち直れるはずがないように見えた。

立ち直れなかったのは、原作者のスティーブン・キングも同じ。キングがスタンリー・キューブリック監督の映画版を嫌ったのは有名な話で、90年代に自分でテレビドラマ版を制作したほどだ。

だから、キングによる続編『ドクター・スリープ』を映画化するに当たり、マイク・フラナガン監督は難題に直面した。キングの原作に忠実でありながら、キューブリックの映画版と調和する作品に仕上げ、映画版を嫌うキングと映画版のファンの両方を喜ばせなくてはならない。

『ドクター・スリープ』はある意味、そのどちらもやらなかった。映画『シャイニング』を愛する人々にしてみれば、続編は緊迫感が薄く、説明が過剰だ。

『シャイニング』は先住民の墓の上に立つホテルの邪悪な力が災いしたという設定だったが、続編にはローズ・ザ・ハット(レベッカ・ファーガソン)という悪役が登場する。

ローズ率いる「真結族(トゥルー・ノット)」は、ダニーのように特殊な力を持つ子供をさらって拷問し、生気を吸い取る不死身の集団だ。

ハッピーエンドの裏側で

惨劇から40年。ダニー改めダン(ユアン・マクレガー)は米東部の田舎でアルコール依存症を克服しつつある。しかしあの恐怖体験を境にして、彼の心は無残なまでに壊れた。

真結族にも悩みがある。このところ子供から吸い取れる生気の量がどんどん減っているのだ(携帯電話のせいだろうと、真結族の1人は言う)。

真結族と『シャイニング』の結び付きが分かるのは物語の終盤、ダンが特殊な能力を持つ少女アブラ(カイリー・カラン)と共に惨劇の舞台だったホテルに乗り込んでからだ。ダンはホテルで真結族と対決し、過去の悪霊と戦う。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NY州知事、トランプ大統領と27日会談へ インフラ

ワールド

抗マラリア薬のコロナ治療利用、WHOが6月中旬まで

ワールド

米大統領、中国に「怒り心頭」 香港への対応けん制=

ビジネス

ルフトハンザ、欧州委の早期承認に期待 公的支援巡り

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月