最新記事

ビットコイン

ビットコインの収益性を「シャープ・レシオ」で計算して分かること

2019年10月24日(木)11時44分
木村兼作(公認会計士)

Dmitrii_Guzhanin-iStock

<リスクに見合ったリターンを獲得できているか? それを教えてくれるのがシャープ・レシオ>

シャープ・レシオ(Sharpe Ratio)は、ファンドや投資商品の投資成績を評価するのに一般的に使われている指標です。単純な投資のリターンではなく、シャープ・レシオが使われるのは、リスクを考慮した上で投資の収益性を評価できるからです。

ちなみにシャープ・レシオは1966年にWilliam Sharpeによって考案されています。William Sharpeといえば、バリュエーション(企業価値の評価)で使われるCAPM(Capital Asset Pricing Model)を考案したことでも有名です。CAPMによりWilliam Sharpeはノーベル賞を受賞しており、このこともSharpe Ratioのcredibilityに貢献していると言えます。

さて、シャープ・レシオの計算式を見ればどのようにリスクが考慮されるかがわかります:
シャープ・レシオ = (リターン - リスクフリーレート) / リスク(標準偏差)

シャープ・レシオはリスクに対するリターンの割合で計算されるため、取ったリスクに対してどれだけリターンが得られたかを表していると理解できます。
1 リターンを上げる
2 リスクを下げる
を行うことでシャープ・レシオを上げることができます。

リターンを上げてもその分リスクが上がってしまうとシャープ・レシオを上げることはできません。では数式に登場する各要素を分解してシャープ・レシオに対する理解を深めていきましょう。

投資の収益性、リターンとリスクフリーレートについて

投資の収益性を評価する上で基本になるのがそのリターンです。ある期間の投資のリターンはシンプルに次の計算式で計算できます:
リターン = (期末時点の投資の価額 - 期首時点の投資の価額) / 期首時点の投資の価額

例えば期末時点で時価が110の投資商品があり、その投資商品の機首時点の時価が100だった場合、その投資商品のその期間のリターンは 10% = (110-100)/100 となります。

シャープ・レシオの数式の分子に登場するもう一つの要素はリスクフリーレートです。リスクフリー(無リスク)な資産は存在しないという議論もできますが、シャープ・レシオを計算する上では米国資産の場合、安全性と流動性が高い短期の米国債であるT-Bill (Treasury Bills)の利率が一般的に使われます。

ここではリスクフリーレートを仮に1%とします。リターンからリスクフリーレートを引いた値を"超過リターン"と呼びます。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

韓国、WTO紛争処理手続きを再開へ 日本の輸出管理

ワールド

中国、新型コロナでも温暖化ガスの削減目標を堅持

ワールド

東京都で新たに30人以上の新型コロナ感染確認=報道

ビジネス

独VW、米自動運転技術開発会社アルゴへの出資を完了

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月