最新記事

米犯罪

全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

FBI Asks Public to Help Investigations into America's Most prolific Serial Killer

2019年10月11日(金)15時20分
ロージー・マッコール

全米最悪の連続殺人犯は殺害した被害者の詳細を記憶していた CNN/YOUTUBE

<93件の殺人事件を自供した73歳の男は、罪滅ぼしのために被害者の肖像画を描いた>

米連邦捜査局(FBI)は、93件の殺人を自供したサミュエル・リトル(79歳)を、全米史上最悪の連続殺人犯と断定した。リトルが自供した事件のうち、1970~2005年に全米29州37都市で発生した50件については、信ぴょう性が高いと見られている。FBIは、その他の事件についてもリトルが描いた被害者の肖像画などの情報を公開して、捜査への協力を求めている。

犯行を重ねていた時期、リトルは売春婦や麻薬中毒者、弱い立場の女性など、弱者に狙いを定めていた。こうした被害者については、警察が捜査に多くの時間を割かないだろうと計算していたようだ。

オハイオ州生まれたリトルは、全米の各州を移動し、特にジョージア州、ネバダ州、カリフォルニア州、フロリダ州で多くの殺人を犯している。ロサンゼルスだけで約20人が犠牲になった。

テキサス州で収監されているリトルから殺人の自供を引き出したのは、テキサス州公安局の職員ジェームズ・ホランドだった。ホランドは、米CBSニュースの取材に対して、リトルが「悪賢く、驚異的な記憶力を持っている」と語っている。リトルが絵を描くことを趣味にしているため、ホランドが捜査協力のために犠牲者の肖像画を描くことを勧めた。

little191011-pic01.jpg

リトルは2005年まで35年間に93人を殺害したと自供した Wise County Police

しかし、なぜリトルはそこまで多くの犯行を続けることができたのか? ホランドがリトルに「どうやって捜査を免れたのか」たずねたところ、リトルは「殺したら、街を出るのさ」と語っていたという。FBIが、リトルと未解決事件や行方不明との関連を見つけても、物的証拠はなく、疑惑しか残されていなかった。

リトルは2012年、カリフォルニア州で麻薬使用の容疑で逮捕され、1980年代以降に発生して未解決事件となっていた3件の殺人でDNAが一致し、3件それぞれの事件で終身刑の判決を受けている。

その後、リトルは93件の殺人を自供した。これまで全米史上最悪の連続殺人犯と言われていたのは、30人の女性を殺害したとして1989年に死刑執行されたテッド・バンディーだったが、リトルの自供が事実であればその3倍以上の人数となる。

「神様が微笑んでくれる」

これらの事件のすべてが確認できている訳ではない。しかしこれまでに自供したことがすべて事実だったことや、現状でリトルの自供を疑う理由がないことから、FBIは捜査への協力を求めている。

それにしても、なぜ今になって犯行を自供したのか? 捜査当局によるとリトルは健康状態が悪化しているため、信仰心から過去の罪を告白したようだ。

「自分の代わりに無実の罪で服役している人がいるかもしれない。もしそんな誰かを助けたら、神様はもっと自分に微笑みかけてくれるかもしれない」と、リトルは話してるという。

killer191011-victim01.jpg

71年か72年にマイアミで殺害した「マリアンヌ」か「マリーアン」。18歳くらいの男性だが本人は女性だと言っていたという。遺体は沼地に沈め、おそらく発見されていないとリトルは言う(FBI)


killer191011-victim02.jpg

93年にラスベガスで殺害した黒人女性。モーテルの部屋で扼殺し、遺体は郊外で遺棄した(FBI)


killer191011-victim03.jpg

84年頃、オハイオ州のストリップクラブの近くで会った当時25歳の白人女性。車内で扼殺し、遺体は「小高い丘」の上で遺棄した(FBI)

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ウルグアイのコロナ対応に高評価、ブラジルは最下位=

ワールド

ロシア、4日に憲改施行 全国投票の信任受け

ワールド

英イングランドの入国者隔離解除へ、日本など50カ国

ワールド

ロシア、コロナ禍で来年2月まで通常生活戻らず=保健

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月