最新記事

台湾

中国共産党の「断交」作戦で台湾は独立路線に舵を切る

2019年10月3日(木)11時30分
トラビス・サンダーソン (台北在住ジャーナリスト)

来年の台湾総統選の最大野党・国民党の候補である韓も、従来の親中路線と距離を置き始めている TYRONE SIUーREUTERS

<新たに2カ国が外交関係を断絶したが孤立を図る中国の戦略は反発を招くだけだ>

ダブルパンチの断交劇だった。

9月16日に南太平洋のソロモン諸島、20日にキリバスが台湾との外交関係の断絶を通告。ソロモン諸島は21日に、キリバスは27日に中国と国交を樹立した。

今回の一件で、台湾と外交関係を維持する国は15カ国にまで減った。札束外交で国際社会での台湾の孤立を図る中国は、新たに2つの勝ち星を挙げた形だ。こうした中国の戦略は今後も成果をもたらす可能性が高い。

長期的に考えれば、台湾が規模も経済力もはるかに大きい中国と競うのは無理がある。中国が「一帯一路」構想に基づく外交政策の中核に、対外援助を据えているならなおさらだ。

だが、中国政府が見逃している点が1つある。台湾の外交的孤立を狙う戦略によって、中国の利益が損なわれるリスクだ。台湾の孤立は中台統一につながらず、むしろ台湾は国家承認に向けて新たな道を模索することになるだろう。

そうした動きは既に始まっている。昨年8月、中米エルサルバドルが台湾と断交した際、台湾総統府の黄重諺(ホアン・チョンイエン)報道官が「外交関係を全て失う事態を含め、あらゆる可能性を検討している」と、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは報じた。

以来、台湾の政権は断交を主権に対する攻撃と位置付け、非難の語気を強めている。市民の反応も同様だ。台湾の若者たちは14年、当時の国民党政権の対中融和姿勢に反発し、「太陽花(ヒマワリ)革命」によって立法府を占拠した。

国際社会で孤立が進めば、怒る台湾市民は政治家に、中国の台湾での影響力拡大を招きかねない政策を拒否するよう迫るだろう。そうなれば、中国が台湾で政治的に手を組む相手を見つけることは難しくなる。

「独立国家・台湾」への道

中国政府は先頃、来年1月に予定される台湾総統選の野党・国民党候補、韓國瑜(ハン・クオユィ)高雄市長への支持を表明。伝統的に親中派である国民党中心の「青色陣営」を今も連携相手候補と見なしているが、国民党が中台統一を検討できる状況にあるとは考えられない。

以前は対中関係強化を訴えていた韓だが、一国二制度を実現させるなら「私の屍を越えて行け」と発言して態度を変化させている。中国政府と国民党の立場のギャップは広がり続け、両者の交渉が実現する見込みはこれまで以上に薄くなっている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

香港問題巡る米企業への中国報復は「完全に不適切」=

ワールド

米、シリア北東部の一部米軍残留を検討=国防総省

ワールド

英下院議長、EU離脱協定案巡る21日採決を拒否

ワールド

香港で小競り合い続く、元朗駅周辺で警官隊が催涙弾使

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

※次号は10/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

  • 2

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 3

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 4

    「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

  • 5

    ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

  • 6

    「見せしめ判決」でカタルーニャの怒り再燃、バルセ…

  • 7

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月