最新記事

朝鮮半島

北朝鮮発射のミサイル、潜水艦発射式弾道ミサイルの可能性

2019年10月2日(水)12時24分

韓国青瓦台(大統領府)は、北朝鮮による同日のミサイル発射について、潜水艦発射式弾道ミサイル(SLBM)実験の可能性があるとみて検証していると明らかにした。提供写真(2019年 ロイター/KCNA)

日本政府当局者と韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は2日、飛翔体を発射した。

韓国青瓦台(大統領府)は、潜水艦発射式弾道ミサイル(SLBM)実験の可能性があるとみて検証していると明らかにした。

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が2日朝に江原道の元山付近から東の海上に向けて飛翔体1発を発射したと表明。

ミサイルは450キロ飛行し、高度910キロに達した。「北極星」系列のミサイルとみられるという。

青瓦台の声明によると、国家安全保障会議(NSC)は北朝鮮が米国との実務レベルの協議再開を5日に控えてミサイルを発射したことに強い懸念を示した。

一方、菅義偉官房長官は2日朝、北朝鮮が弾道ミサイルを2発発射し、このうち1発が島根県沖の日本の排他的経済水域内に落下したとみられると述べた。

菅官房長官によると、1発は同日午前7時17分ごろ、日本の排他的経済水域外に落下。もう1発は午前7時27分ごろ、島根県沖の日本海上、日本の排他的経済水域内に落下した。

菅官房長官はその後、北朝鮮の弾道ミサイルは1発で、2つに分離した可能性があると述べた。

河野太郎防衛相は、北朝鮮が発射したミサイルについて、SLBMと「断定するには至っていない」と述べた。

通常よりも角度をつけて高く飛ばす「ロフテッド軌道」で発射したとし、関連情報を分析中だという。

安倍晋三首相は、国連決議に違反するとした上で、厳重に抗議し、非難すると語った。

現時点で被害の情報は入っていない。

海上保安庁は、北朝鮮からミサイルが発射されたとみられるとし、船舶に対し、今後の情報に留意するとともに、落下物を認めた場合は近づくことなく通報するよう呼び掛けた。

米政府高官は匿名を条件に「北朝鮮がミサイルを発射した可能性があるとの報道を承知している。引き続き情勢を注視し、地域の同盟国と緊密に連絡を取っている」と述べた。

北朝鮮によるミサイル発射は、米朝首脳が南北軍事境界線で会談した6月30日以降9回目。

北朝鮮は1日、米国と実務レベルの協議を10月5日に開催することで合意したと発表していた。

タフツ大学フレッチャースクールのLee Sung-yoon教授は「北朝鮮はこれまで米国に対し、あめとむちの戦略を何度も取り、成功してきた」と指摘した。

*内容を追加しました。

[ソウル 2日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。


ニュース速報

ビジネス

セブン&アイHDとローソン、21年2月期業績予想を

ビジネス

日銀、景気判断を約11年ぶり全9地域で引き下げ コ

ビジネス

ドル108円後半、イースター休暇控え持ち高調整主体

ワールド

ブラジル、中国からの人工呼吸器調達に難航 国内企業

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 8

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    「世界は中国に感謝すべき!」中国が振りかざす謎の…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月