最新記事

デモ

香港警察、行政長官に夜間外出禁止令の発令要請

2019年10月3日(木)15時15分

反政府抗議活動が続く香港で、警官の実弾発砲に怒るデモ隊が3日未明まで警察と激しく衝突した。写真は2日に香港で撮影(2019年 ロイター/SUSANA VERA)

抗議活動が続く香港では警察が2日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官に対して夜間外出禁止令を発令するよう求めた。抗議活動が激化する中、トップレベルの支援が必要だと訴えた。

中国建国70周年に当たる1日に行われたデモでは、警官が発砲した実弾により18歳の男子生徒が負傷。2日にはこれに抗議して数千人がデモ行進した。

警官の実弾発砲に怒るデモ隊は3日未明まで警察と激しく衝突した。

警察官で構成する香港警察隊員佐級協会は2日に発表した声明で「法律の下、われわれは権限が限定された執行機関に過ぎない。こうした相次ぐ大規模な暴動に直面するなか、トップレベルの適切な措置と支援なしで単独で任務を果たせない」と訴えた。

デモ隊は2日夜、市内各地で火炎瓶を投げつけ、放火するなど激しい抗議活動を展開。商店や地下鉄駅の設備を破壊する行為も見られた。警察は催涙ガスを使用して排除に乗り出した。

警察の強硬姿勢に対する市民の怒りは一段と強くなっている。デモ参加者の1人は、男子生徒が至近距離で撃たれたことを厳しく非難し、「抗議活動は続く。われわれはあきらめない」と語った。

香港警察は3日、デモ隊の行為は「公共の秩序を著しく乱し、警官や市民の安全を脅かす」と表明した。

※内容を追加しました。

[香港 3日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20191008issue_cover200.jpg
※10月8日号(10月1日発売)は、「消費増税からマネーを守る 経済超入門」特集。消費税率アップで経済は悪化する? 年金減額で未来の暮らしはどうなる? 賃貸、分譲、戸建て......住宅に正解はある? 投資はそもそも万人がすべきもの? キャッシュレスはどう利用するのが正しい? 増税の今だからこそ知っておきたい経済知識を得られる特集です。


ニュース速報

ビジネス

英消費者、コロナ封鎖下で借金返済優先 住宅ローン承

ワールド

米デモ隊対応の警官が銃で撃たれる、セントルイスとラ

ビジネス

原油先物は上昇、OPECプラス減産延長観測で

ワールド

NZ、抑制措置を来週にも完全解除 新型コロナ対策は

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月