最新記事

中東

トランプの無為無策がイラン危機を深刻化させる

Trump’s Incoherence on Iran

2019年9月24日(火)19時50分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

magw190924_Iran2.jpg

イランの関与が疑われる攻撃を受けて炎上するサウジの石油施設 REUTERS

一見すると、イランがこんなリスクの高い行動に踏み切るのは奇妙に思えるかもしれない。サウジアラビアの以前からの求めに応じて、アメリカがイランへの報復攻撃に出れば、その結果は破滅的だろう。既にイランのみならず同国と取引する団体や個人をも対象とする米政権の経済制裁によって、イラン側は手持ちのカードを失っている。

しかし、だからこそイランはリスクの高い行動に出るとも言えそうだ。古い格言にあるとおり、手負いの獣は追い詰められたときに最も危険になる。イランは傷を負っているが、その軍事力に衰えはない。

加えて、最近のトランプの動きから、報復攻撃はないと踏んでいる可能性がある。イラン側の計算やリスクの大きさがどうであれ、優位を手にするにはイランは攻撃に出るしかないとも考えられる。

サウジアラビアとアメリカの側も、報復攻撃でイランにとどめを刺せるわけでないことは分かっている。世界の原油海上輸送量の5分の1が通過するホルムズ海峡の閉鎖をはじめ、イランには反撃の選択肢が多くある。

果たしてイランがそこまでやるかは分からない。だが今回の石油施設攻撃によって、イランはリスクを取る姿勢を示したのではないか。トランプもじきに、報復措置というリスクを取ることになるかもしれない。

アメリカとイランの対立が、これ以上、報復しても無駄だと敵に思わせる「エスカレーション・ドミナンス」のぶつかり合いになれば、思慮分別や自制は置き去りにされ、傲慢さや誤算が前面に出る。同じことは人類の歴史の暗黒面で何度も繰り返されてきた。

悪循環の罠を逃れる道は存在するが、トランプにもイランの指導者にもその意思や用意があるとは思えない。危機の根本的な要因は、サウジアラビアがイエメンに軍事介入し、内戦がホーシー派を支援するイランとの「代理戦争」になったこと、トランプが2015年のイラン核合意からの離脱を決めたことにある。

イエメン内戦に終止符を打つのは、トランプにとって難しくないはずだ。サウジアラビアへの武器売却を停止し、第三者的立場の中東諸国や国連に積極的な平和維持活動を行うよう働き掛ければいい。ところが、トランプは「最高の友人」であるサウジ王家を怒らせることは、何であれする気がない。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都で新たに224人の感染確認 過去

ビジネス

米フォード中国販売台数、第2四半期は前年比3%増 

ワールド

豪、香港との犯罪人引き渡し条約停止 香港市民のビザ

ビジネス

エアバス、上半期の引き渡し数は16年ぶり低水準 6

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月