最新記事

アフガニスタン

アフガン和平でも「壊し屋」発揮したトランプという人災

Trump Put 'More Planning' Into Beauty Pageants Than Taliban Talks

2019年9月10日(火)15時30分
ジェイソン・レモン

トランプには和平交渉より美人コンテストがお似合い(2011年) Jamie Fine-REUTERS

<アメリカの外交上重要な和平交渉よりもミスコンやゴルフに夢中で、繊細な外交交渉のやり方をわきまえていない、と猛批判>

ドナルド・トランプ米大統領は9月7日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンと予定の和平交渉を中止したとツイッターで表明。タリバン幹部やアフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領をアメリカに招いて行う予定だった極秘会談もキャンセルしたことを明らかにした。

トランプが和平交渉を中止する直前まで、アメリカとタリバンはアフガニスタン駐留の米兵5400人を撤退させることで大筋合意に達した、と言われていた。タリバン指導部は怒り、米軍が撤退しない限り報復を続けると言った。

<参考記事>【写真特集】ポルノ女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダルを告発した美女たち

米ニュース専門局MSNBCの司会者ジョー・スカーボローはトランプの場当たり的な対応を強く批判し、トランプは外交政策より美人コンテストやゴルフトーナメントのことばかり考えている、と言った。

元共和党の下院議員で現在は無党派だというスカーボロ―は、9日の朝の番組「モーニング・ジョー」の中で次のように語った。

「トランプは、アメリカの外交にとって今最も重要かもしれない会談を計画したり、成功させたりするよりも、美人コンテストやゴルフのトーナメントを成功させるためにはるかに多くの労力を注ぎ込んでいる。真面目な話だ」

トランプは、ミス・アメリカ(上)やミス・ユニバースのオーナーでもある


番組にゲスト出演していたCIA元長官のジョン・ブレナンも、これに賛同し、こう語った。「この政権は、意思決定にはプロセスを踏む必要があるということをまったく考えていない」

「どんな奴らだ」と怒り心頭

トランプは7日のツイッターで、米大統領の別荘であるキャンプデービッドにタリバン幹部とアフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領を招いて極秘会談を行う予定になっていたことを明かし、しかし5日にアフガニスタンの首都カブールで起きた爆弾テロ(米兵1人を含む12人が死亡)にタリバンが関与していたので招待を取り消した、と言った(この時期にタリバンによるテロが起こったのが本当だとすれば、タリバン指導部と実行部隊の間に意思疎通ができていない可能性も指摘されている)。

<参考記事>米軍撤退後のアフガニスタンの空白は「一帯一路」の中国が埋める

「(爆弾テロを受けて)すぐに会談を取りやめ、和平交渉を中止した。交渉で有利に立つためにこんなに多くの人を殺すなんて、一体どんな連中なのか」と、タリバンを批判。「彼らはあと何十年戦い続けるつもりなのか」

アフガニスタンでは、2001年の9.11テロの報復で米軍が侵攻して以来、18年間にわたって戦争が続いている。この戦いで犠牲になった米兵は2300人以上にのぼる。

ニュース速報

ワールド

NZ、抑制措置を来週にも完全解除 新型コロナ対策は

ワールド

米デモ隊対応の警官が銃で撃たれる、セントルイスとラ

ワールド

スペイン雇用、ロックダウン緩和で5月は回復

ワールド

拡大G7サミット、対中包囲網に多くの国は慎重=美根

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月