最新記事

災害

ハリケーン・ドリアン、絶滅しかけていた鳥に最後の一撃?

Hurricane Dorian Probably Just Made a Species of Bird Go Extinct

2019年9月5日(木)15時30分
アリストス・ジョージャウ

最強ハリケーン・ドリアンの犠牲になったのは人間だけではなかった(9月2日、バハマ北部のアバコ島) Dante Carrer-REUTERS

<バハマ諸島に最強のハリケーン・ドリアンがたらした被害は、「生態学上の大災害」でもあった可能性が高い>

超大型ハリケーン「ドリアン」はバハマに壊滅的な被害をもたらした。家は壊れ、少なくとも20人が死亡したが、犠牲になったのは人間だけではないようだ。ドリアンの影響で、バハマ諸島に生息する珍しい鳥が絶滅したかもしれないと専門家は言う。もっとも、この土地固有の鳥、バハマゴジュウカラは、ハリケーンが来る前から人間の手でぎりぎりまで追い詰められていた。

英イーストアングリア大学(UEA)のダイアナ・ベル教授(保存生物学)は、ハリケーン・ドリアンはバハマ北部の人々にとって「人道的危機をもたらす大災害」であると同時に「生態学上の大災害」も引き起こした可能性が高いと指摘する。希少種の鳥をはじめとする野生生物が生息する松林が大きな被害を受けたからだ。

<参考記事>病気で絶滅!? バナナは、もう食べられなくなるのか?
<参考記事>地球には「大絶滅」がもう一回あった

「カテゴリー5の最強ハリケーンであるドリアンは、北部のアバコ島に上陸し、長い間そこに留まった。暴風雨は長時間続き、貴重なカリビアマツの林に最大級の被害をもたらした」とベルは言う。

だがカリビアマツの林に暮らすバハマゴジュウカラは、UEAが過去に行った調査の時点ですでに絶滅の瀬戸際にあった。ベルは、ドリアンがこの小さな鳥にとって最後の一撃になったかもしれないと指摘する。

14年間で1800羽から1~2羽に

「2016年にハリケーン『マシュー』がバハマ諸島を襲った後、バハマゴジュウカラは姿を消し、絶滅したと思われた。それが2018年の調査で再発見されたが、その時点で1~2羽しか残っていないのではないか、と言われていた」とベルは言う。「生息地が大きな被害を受けるなかで、小さな鳥が生き抜くのはとても難しい」

webs190905-bahama02.jpg

研究者たちによれば、バハマゴジュウカラは2004年時点で推定1800羽いたものの、その後激減した。バハマゴジュウカラは成長した松の木にしか巣をつくらないのに、バハマ諸島の松林は伐採や観光目的の開発、ハリケーン被害などでどんどん削られてしまったからだ。

「気候変動で過酷な気象条件が増えるなか、異常気象がこれらの固有種に及ぼす影響を軽減し、復活させていかなければ」とベルは言う。

バハマ諸島では、ゴジュウカラのほかにも、ツバメやムシクイなどの固有種が絶滅の危機にさらされている。

「バハマムシクイなど松林に暮らすその他の種が、ドリアンの強風や大雨、高潮の中で生き残ることができたのかどうかも調べなくてはならない」とベルは述べた。

(翻訳:森美歩)

20190910issue_cover200.jpg
※9月10日号(9月3日発売)は、「プーチン2020」特集。領土問題で日本をあしらうプーチン。来年に迫った米大統領選にも「アジトプロップ」作戦を仕掛けようとしている。「プーチン永久政権」の次なる標的と世界戦略は? プーチンvs.アメリカの最前線を追う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月