最新記事

中国

コーチやベルサーチなど謝罪 Tシャツデザインが主権侵害と中国ネットで炎上

2019年8月13日(火)10時09分

伊ベルサーチや米コーチ、仏ジバンシィなどの高級ファッションブランドは、商品に中国の主権を侵害するデザインがあったとして、相次いで謝罪を表明した。 ニューヨークで2013年5月撮影(2019年 ロイター/ERIC THAYER)

伊ベルサーチや米コーチ、仏ジバンシィなどの高級ファッションブランドは、商品に中国の主権を侵害するデザインがあったとして、相次いで謝罪を表明した。

ベルサーチは11日、香港やマカオを国のように扱ったデザインのTシャツを販売したことは過ちだったと謝罪。Tシャツには「ニューヨーク―米国」、「北京―中国」のように、都市名と国名を並べて表記。そこに「香港―香港」、「マカオ―マカオ」と両都市名が国名としても書かれており、中国インターネット交流サイト(SNS)上で批判が広がっていた。

ベルサーチは中国版ツイッター「微博」に投稿した声明で「われわれは中国を心から愛し、断固として中国の領土と主権を尊重する」と表明。7月24日からTシャツの販売を中止し、商品を廃棄したと明らかにした。

米タペストリー傘下コーチも、台湾を国のように表現したTシャツのデザインを巡り謝罪。昨年5月に「深刻な誤り」を確認し、世界の市場から商品を回収したことを明らかにした上で、「中国の主権と領土の保全を尊重する」と表明した。

中国でコーチのブランドアンバサダーを務めるモデルのリウ・ウェン氏は12日、微博への投稿でコーチとのコマーシャル契約を破棄したと明らかにした。

また、中国アイドルグループメンバーのジャクソン・イー氏は微博で、仏高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下ジバンシィとの関係を解消したと発表。香港や台湾を国のように表現するジバンシィのTシャツのデザインを巡り批判が広がったことを受けた動き。

ジバンシィは声明で「中国の主権を常に尊重している」として謝罪を表明した。

同様の問題を巡り、スポーツ用品のアシックス、ファッションブランドのカルバン・クライン、スキンケアのフレッシュも12日午後までに中国SNS上で謝罪を表明した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

フィリピン、ロシア製新型コロナワクチン臨床試験を1

ビジネス

三菱商事、純利益予想は62%減 金属資源や自動車に

ワールド

北朝鮮の核関連施設、洪水で被害か=38ノース

ビジネス

印ザイダス、コロナ治療薬「レムデシビル」の後発医薬

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月