最新記事

パックンのお笑い国際情勢入門

日韓、香港、米中......あなたも世界の動きと無縁ではない。トランプの嘘とも

2019年8月16日(金)11時10分
ニューズウィーク日本版編集部

undefined undefined-iStock. (China-U.S.), alexis84-iStock. (Japan-South Korea), Atypeek-iStock. (Hong Kong)

<遠い世界の出来事に思えた「国際情勢」が、あなたの夏の旅行にまで影響する――そんな時代になった。そうは言っても、海外のニュースなんて難しくてよく分からないという人は、まずは登場人物を知ることから始めればいい>

あいちトリエンナーレをめぐる騒動や自民党議員・小泉進次郎の結婚、NHKから国民を守る党の「場外戦」など、さまざまなニュースが行き交うこの夏、2つの国際ニュースが注目を集め続けている。日韓の対立と香港のデモだ。ネットでもテレビでも、連日のようにトップニュースとなっている。

日韓関係と香港情勢、それに昨年から継続する米中貿易戦争もそうだが、これらはシンプルな現実を日本人に突き付けている。それは、日本人の生活も国際情勢と無縁ではいられないという現実だ。現に、報道によれば、行楽シーズンにもかかわらず、日本から韓国・香港への旅行にキャンセルが相次いだという。実際、香港では空港閉鎖まで起こっているのだ。

当然だと考える人もいるだろうが、「国際情勢なんて難しくて、自分にはよく分からない」と思っている人は珍しくない。だが、プライベートでも仕事でも、不利益を被る可能性だってあるのに、「難しい」で敬遠してしまっていいのだろうか。

確かに、国内のニュースに比べれば取っつきにくさはあるかもしれない。しかし、テレビのコメンテーターとしても活躍するお笑い芸人のパックン(パトリック・ハーラン)によれば、国際情勢を理解するにはまず「登場人物」から始めればいい。

現在発売中の本誌「パックンのお笑い国際情勢入門」(8月13&20日号)特集で、パックンは「日本ではなぜ、お笑い芸人の政治的発言が問題視されるのか」を研究し、さらにはパックンならではの「笑える」国際情勢解説に挑んだ。

「笑い」というフィルターを通して国際情勢の解説を書くに際し、パックンが焦点を当てたのが「人物」だ。特集に収録された「パックン流危険人物図鑑」の導入部で、パックンはこう書く。


コメディーは、「人物」「場面」「展開」という3つのパートからなる。というわけで、国際情勢を笑おうとするなら、まずは登場人物を知ることから始めよう。ここに載っている大物を把握しておけば、ニュースで見る彼らが置かれた場面も、彼らがもたらす展開も笑えるようになるかもしれない。

これは何も、コメディーに限った話ではない。政治を動かすのは、結局は「人」。例えば昨今の日韓関係悪化について、本誌は7月30日号で「ファクトチェック文在寅」という特集を組み、「反日大統領」文在寅(ムン・ジェイン)の思考回路に切り込んだ。

さて、「パックン流危険人物図鑑」だが、取り上げたのは以下の6人である(ほかに「番外編」として、米民主党の有力な次期大統領選候補6人も紹介している)。

・ウラジーミル・プーチン(ロシア大統領、66歳)
・金正恩(北朝鮮・朝鮮労働党委員長、35歳)
・ドナルド・トランプ(アメリカ大統領、73歳)
・習近平(中国国家主席、66歳)
・ボリス・ジョンソン(イギリス首相、55歳)
・安倍晋三(日本国首相、64歳)

ニュース速報

ビジネス

米下院司法委、IT大手の規制強化法案可決

ワールド

EU首脳、ロシアとの首脳会議で合意せず=独首相

ビジネス

家計の金融資産、3月末は1946兆円で過去最高 現

ワールド

米議会襲撃事件、下院に調査委設置 逮捕者500人に

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月