最新記事

香港

デモ激化させた中国共産党下の香港への絶望 四畳半の怒れる若者たち

2019年7月11日(木)13時00分

香港を揺るがし、中国政府を怒らせた激しいデモの先頭に立ったのは若者だった。写真は香港のアパート。6月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

香港を揺るがし、中国政府を怒らせた激しいデモの先頭に立ったのは若者だった。容疑者の中国本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反発を契機としたデモの根底には、ますます介入を強める北京の共産党政府によって市民の自由が脅かされ、香港の自治が損なわれることへの懸念があった。

中国政府は、かつて英領だった香港の完全な民主化を拒否している。

だが、世界で最も人口密度と物価が高い街の1つ香港に住む若者の多くは、生活費の高騰や、住宅所有は夢でしかないというあきらめに怒りを募らせている。

ロイターは、親と同居し、狭い部屋で暮らす若い世代11人に取材し、政治的な懸念や香港での生活の不満について聞いた。

小学校教師のユーニス・ワイさん(30)は、レインボーカラーのシーツに覆われた自分のベッドに座り、香港の人たちが中国政府のせいでいかに息苦しい思いをしているかを話した。「彼ら(中国政府)は市民への支配を強め、われわれの自由を奪っている」と、広さ7.4平方メートル(4畳ほど)の自室で語った。

だがワイさんは、生活を難しくしている問題は他にもあると指摘。特に問題なのが住宅政策で、富裕層をより豊かにする不公平なものだとワイさんは言う。

「住宅問題は非常に重要だ。香港は土地が狭く、アパートを買うのに苦労する人が多い。不動産会社が市場を牛耳っている」

1997年に英国から中国に返還された香港では、「一国二制度」の下、抗議デモを行う自由や独立司法など、本土にはない自由が認められている。

だが香港の住人の多くは、中国政府が徐々に締め付けを強め、直接選挙による行政府長官の選出も認めないことに不満を感じている。

中国側は香港への介入を否定し、先週末に暴徒化したデモは一国二制度への「まぎれもない挑戦だ」としている。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月