最新記事

中国経済

排ガス新基準で中国の自動車販売台数が大ブレーキ、きっかけは「汚染との戦い」

2019年7月8日(月)11時15分

6月2日、上海の「ビュイック」ディーラーのロン・リー氏は4月末、経験したことのない難問に頭を抱えていた。写真は北京の日産ディーラーに展示された「国6」適合車。6月撮影(2019年 ロイター/Yilei Sun)

上海の「ビュイック」ディーラーのロン・リー氏は4月末、経験したことのない難問に頭を抱えていた。店の駐車場を埋める80台近いセダンやスポーツ多目的車(SUV)を、どうすれば売り尽くせるか、という問題だ。

問題の核心は、「国5」と呼ばれる排出ガス基準に適合するよう製造された自動車の販売が、6月30日までしか認められない点にあった。その後は、新基準の「国6」を満たす自動車しか販売できなくなる。

リー氏によれば、客足は依然としてあったが、「国5」適合車を買ってはくれなかったという。

「『国5』適合車をいつまで運転できるか、あるいは将来的に転売できるかどうか、顧客には分らない。我々ディーラーにさえ分らないというのが正直なところだ」

このため、リー氏のディーラーでは5月、「国5」適合車の価格を最大30%引き下げた。5月の中国自動車販売台数は過去最悪の落ち込みを記録したが、リー氏の店はその中で、ディーラー各社や業界幹部が「前例のない広がりのディスカウント」と評した動きに参加したことになる。

大気汚染対策に熱心な中央政府に促され、上海も、2020年7月1日に予定される「国6」導入を前倒しで実施する15の都市・省に加わっている。

上海、北京、そして同じく新基準を前倒しで実施する江蘇省、浙江省のディーラー約20社の従業員にロイターが取材したところ、「国5」適合車の販売が難しくなっていることが分った。

一部のディーラーでは、「国6」適合の同車種に比べて2000ドル(約21万6000円)以上のディスカウントを提示していた。上海にある「プジョー」の仏PSAグループのディーラーでは、SUV「5008」を購入した顧客に小型車「301」を無料で提供するという思い切った手に出ている。

当初、4月以降の販売の落ち込みの原因は景気減速と米国との貿易紛争と言われていた。

だが現在では、15都市・省による新基準導入が拙速だったとする批判が中心になっている。これらの都市や省の自動車販売台数は、世界最大の自動車市場である中国全体の60%以上を占めている。

5月の販売台数が前年同月比で16%も減少するという販売危機により、中国の2019年自動車販売予測は下方修正されている。これまでは、ほとんどのアナリストが、横這い、または微増と予測していた。

だが最近では、1990年代以来初の販売減少となった2018年の2.8%減に続き、今年の年間販売台数も約5%減少するという予測がもっぱらである。上海を拠点とするオートモティブ・フォアサイトでアナリストを務めるイェール・ツァン氏は、減少幅は10%近くになると予想している。

「売れ残った『国5』適合車は別の地域に転売され、いずれそうした地域での販売にも打撃が及ぶことになる」と同氏は予測する。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは109円半ば、半月ぶり高値圏で激しく売

ワールド

空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=

ワールド

米激戦州ウィスコンシンの有権者、弾劾公聴会で見解変

ワールド

原油先物は3カ月ぶり高値、米中通商合意に期待

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 7

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 8

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 9

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

  • 10

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月