最新記事

パレスチナ

トランプ娘婿の「パレスチナ和平案」、イスラエルの悪事には触れず

Jared Kushner Ignores Israeli Occupation As He Pitches Palestinian Plan

2019年6月26日(水)17時00分
クリスティナ・マザ

パレスチナ経済の潜在力をアピールし支援を呼び掛けるクシュナー(手前)。当のパレスチナは出席を拒否  Peace And Prosperity conference Reuters TV/REUTERS

<イスラエルの肩ばかり持ってパレスチナを踏みつけにしてきたトランプ政権がパレスチナを「救う」とはどういうことか>

ドナルド・トランプ大統領の娘婿で大統領上級顧問のジャレッド・クシュナーは6月25日、バーレーンの首都マナマを訪れ、米政府の「新中東和平案」の一環として、パレスチナ経済の発展に関する展望を語り、投資を募った。

サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプトなどアラブの大国が居並ぶ「中東和平会議」でクシュナーはこう言った。「パレスチナ経済は過去数十年、幾度となく、動き出しては停止してきた。数限りない善意の支援、投資、計画が、暴力と政治対立によって挫折した。パレスチナ人はあまりにも長く(和平への)過去の非効率的な枠組みにとらわれてきた」と述べた。

そして、パレスチナを支援するため500億ドルの投資ファンドを設立するほか、(パレスチナ人居住区の)ヨルダン川西岸とガザ地区を結ぶ高速道路の建設事業などに50億ドル投資する、とした。「ガザとヨルダン川西岸が商店と活気であふれるところを想像してほしい)と、クシュナーは聴衆に促した。

だが専門科は即座に、ガザやヨルダン川西岸地区が経済発展できなかったのはイスラエルの責任が大きいのに、(ユダヤ人でイスラエル寄りの)クシュナーはそれを都合よく無視していると指摘した。

イスラエルを拠点とするジャーナリストのミリアム・バーガーは、次のようにツイートした。「バーレーンでのスピーチの冒頭、クシュナーはイスラエルがヨルダン川西岸の入植(占領)を続けていることや、イスラエル軍がガザを包囲していることには触れずに、イスラエルがいかにパレスチナ経済を向上させされるかを長々と説明している。だがそれは、パレスチナで生まれ、生きてきたすべての人にとって苦痛でしかない」

パレスチナをシンガポール化?

また英エコノミスト誌の中東特派員グレッグ・カールストロムは会場から次のようにツイートした。「クシュナーの話は終わった。いま壇上では、パレスチナの年間GDPを上回る純資産を持つスティーブン・シュワルツマン(米投資ファンド大手、ブラックストーン・グループの会長兼最高経営責任者)が、パレスチナはシンガポールのようになるべきだと言っている。こんなに笑える見物は初めてだ」

トランプ政権は数日前の6月22日、「繁栄に向けた平和――経済計画:パレスチナの人々のための新展望」と題した新中東和平案の第一部を発表した。目標は、法の整備や市場開放を通じて「パレスチナ人の経済的な潜在能力を解き放つ」ことだ。

だが、長年中東平和を求めてきた人々の多くは、ひどく一方的な話だと憤る。

NGOの「中東平和のための教会連盟(CMEP)」は声明でこう述べた。「新和平案は、パレスチナ経済のもっとも切迫したニーズの多くを正しく特定する一方で、問題の根本原因を誤っている。パレスチナ人居住区の開発が進まないのは、50年にわたるイスラエルの軍事占領と、パレスチナ経済を窒息させることを意図した政策の直接的な産物だ」

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 10

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月