最新記事

アメリカ政治

トランプ、独立記念日の祝賀イベントを選挙集会化? 民主党は再考を要請

2019年6月7日(金)15時30分

6月6日、米議会民主党は、7月4日の独立記念日を祝うイベントの開催中にトランプ大統領が計画するリンカーン記念堂での演説について、伝統的な超党派行事を選挙キャンペーンの集会に変えてしまう恐れがあるとして、日程や場所の変更を書簡で求めた。ノルマンディ上陸作戦75周年の記念式典で演説する同大統領。仏北西部・コルビルシュルメールで撮影(2019年 ロイター/CARLOS BARRIA)

米議会民主党は6日付の書簡で、7月4日の独立記念日を祝うイベントの開催中にトランプ大統領が計画するリンカーン記念堂での演説について、伝統的な超党派行事を選挙キャンペーンの集会に変えてしまう恐れがあるとして、日程や場所の変更を求めた。

トランプ氏は2月、ワシントンで7月4日に花火などのイベントを主催し、演説もするとツイッターで発表した。

大統領に宛てた書簡は、民主党のホイヤー下院院内総務、下院天然資源委員会のグリハルバ委員長、歳出小委員会のマッカラム委員長が署名した。

政治に無関係な大規模イベントの伝統を守りたいとし、「演説の時期を早めるか、場所の変更」を検討するよう要請。祝賀イベントには毎年「建国を祝うために多くの人がやってくる。あなたが公費を使ってテレビ中継される党派的な選挙集会につながるイベントを検討していることは残念だ」とした。

さらにトランプ氏の演説計画は「多大なコスト」がかかり、必要な警備によって訪問者の入場が大きく妨げられる可能性があると指摘した。

ホワイトハウスのディア報道官は、書簡で示された懸念について聞かれ、トランプ氏の計画は速やかに進行していると答えた。

「トランプ大統領は米国を愛しており、7月4日にすべての国民が独立を祝うのを応援したい」とし、イベントの準備を続ける方針を示した。

[ワシントン 6日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月