最新記事

航空

トランプの助言であのボーイング737MAXが名称変更?

2019年6月28日(金)15時00分
カルヤン・クマル

2件の大事故を受けて運航停止中の737MAX Lindsay Wasson-REUTERS

<航空業界では事故による名称変更は前例がなく、大事故を起こした機種でさえ同じ名称が使われ続けている>

私ならボーイング737MAXに修正を加えた上で、新たな名前に商標変更する――トランプ米大統領がそうツイートしたのは4月半ばのこと。ボーイング社はこのアドバイスをめぐり揺れているようだ。

同社の最新鋭旅客機737MAXは昨年10月にインドネシア沖、今年3月にエチオピアで相次いで墜落。犠牲者は計346人に上り、全世界で運航停止措置が取られている。6月17日、グレッグ・スミスCFOはパリ国際航空ショーで「あらゆる意見に耳を傾ける」と発言。機体の名称変更も検討する方針を示した。だが直後に同社の広報担当が変更計画はないと発表した。

実際、航空業界では事故による名称変更は前例がなく、大事故を起こした機種でさえ同じ名称が使われ続けている。呼び方が変わっても、その機種への業界内の評価は変わらないし、乗客はわざわざ機種を調べてフライトを選ぶわけではないからだ。

大事故が起きても世間はいずれ忘れるという意味では、ボーイングも慌てて名前を変える必要はないのかもしれない。

<本誌2019年7月2日号掲載>

20190702issue_cover200.jpg
※7月2日号(6月25日発売)は「残念なリベラルの処方箋」特集。日本でもアメリカでも「リベラル」はなぜ存在感を失うのか? 政権担当能力を示しきれない野党が復活する方法は? リベラル衰退の元凶に迫る。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 9

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 10

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月