最新記事

ベトナム

監視国家ベトナム、ネット検閲5倍へ 環境問題の活動家まで実刑に

2019年6月11日(火)19時03分
大塚智彦(PanAsiaNews)

サイバー法と刑法に違反した罪で禁固6年を言い渡されたグエン・ゴック・アイン氏 REUTERS

<中国に代わる世界の工場として各国の企業が熱い視線を送るベトナム。だが、この国は中国同様、一党独裁による監視国家であることを忘れてはいけない──>

ベトナム南部メコンデルタ地方ベンチェ省の省人民裁判所は6月9日、同州在住のエビの養殖業者で環境問題活動家でもあるグエン・ゴック・アイン氏(39)に対し、インターネット上で国家に反する情報提供、拡散などをして国民に不安と混乱を与えサイバー法と刑法に違反した罪で禁固6年、自宅軟禁・保護観察5年の実刑判決を言い渡した。

ベトナム当局はこれまで主に人権活動家や反政府運動家などを対象にして監視、逮捕、起訴、実刑判決と「弾圧」を続けてきたが、アイン氏が実刑判決を受けたことで、その対象が環境問題の活動家にまで拡大し、さらにネット上での活動の監視に力を入れていることを浮き彫りにしたものとして関係者は注目し、警戒を強めている。

米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」やCNN、BBCなどのネット版が伝えたところによると、アイン氏は2014〜15年にかけて環境問題を専門とする活動家、ブロガーとして運動を本格的に開始。ベトナムで有害廃棄物を不法に海に投棄して海洋生物を多数死なせるなどの環境破壊を行ったとして、台湾の鉄鋼会社「台湾プラスチックグループ」に対する抗議運動に参加。環境保護を訴える活動を行った。

さらに2015年の国政選挙に際しては政府の政治犯弾圧に抗議して投票ボイコットを訴えるなど、政治的メッセージをインターネット上に掲載したとされている。

判決はネット上での反政府活動を認定

アイン氏は2014年までにFacebookに実名でアカウントを作成したが、本人は「本業であるエビなどの養殖に関する情報交換のためだった」としている。

しかし地元メディアが報じた起訴状によると、2016年4月〜2018年8月までの間、アイン氏は複数のアカウントをFB上に作成。そこで「ベトナム政府に関する歪曲された情報、中傷的な記事をアップして人びとの不安を煽り混乱に陥れた」ことが刑法117条やサイバー法の「政府に反する情報・文書の作成、表示、拡散、伝達など」に違反したと指摘されているという。

これらのFB上のアカウントには2018年3月3日〜5月8日までの間、240万人以上がアクセスして、4万5000人が「いいね」を押し、13万3000人がコメントを残すなどなんらかのアクションをして、大きな反響を呼んだとされる。

さらに今は存在しない「南ベトナム」の国旗に手書きのメッセージを描いた映像をネットにアップしたことが「現在のベトナム政府の転覆を意図した」とみなされたことも罪に問われたという。現在アイン氏のFacebookアカウントは当局によって閉鎖されたとみられている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、ロシアに大規模追加制裁 500超の団体・個人 

ワールド

中国国家主席、経済政策会合主宰 製造業支援を協議

ビジネス

中国、外資誘致へビジネス環境最適化へ=国営メディア

ビジネス

中国証券当局、信頼回復へ不正に厳罰 トップ交代後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中