最新記事

韓国事情

韓国で日本のハイブリッド車がシェアを拡大させている理由とは

2019年5月27日(月)17時00分
佐々木和義

ソウルのレクサス販売店 撮影:佐々木和義

<文在寅政権は大気汚染対策のために電気自動車の普及推進をはかる方針を掲げたが、日本のハイブリッド車がシェアを伸ばす結果となっている......>

韓国の輸入自動車市場で日本車のシェアが拡大している。2019年1月から4月の輸入自動車全体の販売数が前年同期と比べてマイナス24.6%と落ち込むなか、日本車は6.3%増加し、9年ぶりにシェアが20%を超えた。

ドイツ車が失速し、日本のハイブリッド車がシェア拡大

韓国で人気が高いドイツ車は、BMWは前年の火災事故による余波が続くなどで失速。加えて、国内外の各メーカーは、韓国政府が普及促進を掲げる電気自動車の販売を推し進めるが、充電に不安を持つ消費者は少なくない。信頼性の高い日本のハイブリッド車がシェア拡大を牽引している。

韓国輸入自動車協会の2019年1月から4月期の集計によると、日本車5ブランドの販売台数は1万5121台で、輸入車全体でのシェアは21.5%となっている。レクサスは、ES300hの3550台を筆頭に、3月に販売を開始したSUVモデルUX250hが目標を大きく上回るなど、ハイブリッド車が好調でシェアは4.6%から8%に伸びた。ホンダも前年同時期1774台の2倍を超える3673台を販売し、1.9%だったシェアが5.22%まで拡大している。

韓国環境部は大気汚染対策で電気自動車の普及推進をはかる

2017年にディーゼル車対策を公約に掲げた文在寅政権が誕生すると、ハイブリッド車のニーズが高まったが、大気汚染は収束するどころか、さらに拡大を続けて韓国環境部は電気自動車の普及推進をはかる方針を掲げた。2017年に2万5593台だった電気自動車の普及台数を2022年までに43万台に増やそうという計画である。

政府は購入時に最大900万ウォンを支援し、自治体も車種や普及目標に応じて450万ウォンから最大1100万を支援する。最大530万ウォンの税金減免も導入され、内外の自動車メーカーが電気自動車の販売促進に乗り出した。

100キロメートル前後だった1回の充電で走行できる距離が、ソウルと釜山の片道距離380キロメートルに近づくにつれて、電気自動車を購入する人が増え始めた。ソウルから釜山まで途中充電なしで走行可能という謳い文句は、韓国人にとってわかりやすい指標なのである。

2018年には3万2000台が売れて普及台数は倍増し、輸入自動車各社も電気自動車を相次いで投入しはじめる。
日産は補助金を考慮すると2000万ウォン台(200万円台)で購入できる第2世代「リーフ」の販売を開始し、ジャガーは「Iペース」を投入する。BMWも走行距離を248キロメートルに伸ばした「i3・120Ah」の販売を開始し、メルセデスベンツは純電気自動車「EQC」を販売する計画だ。世界の電気自動車市場でトップを走る米テスラは「モデルS」「モデルX」に続いて、普及型の「モデル3」の販売を検討する。

充電整備の立ち遅れでハイブリッドが人気に

政府や自動車メーカー各社が電気自動車の普及に取り組む一方、環境部の調査で55.8%の消費者が充電に懸念をもっている。充電スタンド検索サイトのイーブイウェア(EVwhere)に掲載されている2019年5月時点の充電スタンドは約9000箇所、充電器は1万5000基余りで、政府は今年中にさらに2200基以上が新たに設置される予定というが、地域格差が大きく、充電スタンドが電気自動車の普及速度に追いついていないのだ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月