最新記事

中東

ホルムズ海峡のそばで石油タンカーに攻撃

Saudi Arabia Says Tanker Attack Threatens World Oil Supply

2019年5月14日(火)17時45分
デービッド・ブレナン

攻撃を受け、UAE沖のフジャイラ港に停泊したタンカー Satish Kumar-REUTERS

<アメリカとイランの緊張が高まるなか、要衝・ホルムズ海峡のそばでアメリカの同盟国サウジアラビアなどのタンカーが損傷を受けた。イランがやったのか?>

サウジアラビアの石油タンカー2隻が5月12日、アラブ首長国連邦(UAE)の沖合で妨害を受ける事件が起きた。こうした行為が横行すれば、世界全体への石油供給が危うくなる可能性があるとサウジアラビアは警告した。

アメリカおよびその同盟国とイランとの対立によって中東地域の緊張が高まるなか、UAE東部のフジャイラ首長国の沖合で2隻のタンカーが損傷を負ったことを、サウジアラビア外務省が5月13日に発表した。

サウジアラビアのエネルギー相、ハリド・ファリハは、2隻のタンカーが「妨害を目的とした攻撃」の標的となり、「船の構造に深刻な打撃を受けた」と述べた。2隻のうち1隻は、サウジアラビアの港に向けて航行中で、そこで原油を積んでアメリカに輸送する予定だったという。「幸い、死傷者はおらず、原油流出も起こらなかった」

CNNの報道によれば、この妨害行為は、「航行の自由と全世界への石油の安全供給を妨げる」ことが目的だとファリハは主張している。

サウジアラビア外務省は国営サウジ通信社(SPA)を通じた声明で、この事件を「犯罪行為」と呼び、「海上交通の安全と安心に深刻な脅威をもたらすものであり、中東地域ならびに国際的な平和と安全にマイナスの影響を与える」と述べた。さらにサウジアラビアは、UAEが自国の安全と国益を守るために講じるあらゆる手段を支持することを表明した。

米軍が追加配備したばかり

サウジアラビアの発表に先立ち、UAE当局は5月12日、合計4隻の船舶が攻撃を受けたと発表していた。関与したのが誰なのかという詳細は明らかにしなかった。また、レバノンの衛星放送局アルマヤディーンは、5月12日午前にフジャイラ港で爆発が発生して石油タンカー7隻が被害を受けたと報じたが、UAE側はこれを否定。UAEの国営首長国通信は、「港は通常どおりに操業している」と述べた。

UAE沖で何らかの攻撃を受けたタンカー。船体に穴が開いているのが見える


これらの事件の直前にはアメリカが、中東を航行する船舶に対してイランとその代理組織が攻撃を計画している可能性があると警告を発していた。5月5日には、トランプ大統領補佐官のジョン・ボルトン(国家安全保障問題担当)が、アメリカとその同盟国の国益を脅かさないようイランをけん制して、空母打撃群と戦略爆撃機B-52を中東に配備すると発表していた。

<関連記事>米空母配備、イラン曰く「悪いのはボルトンだ」

5月12日の報道を受け、アメリカの連邦海事局は船舶に対し、フジャイラ沖を航行する際には注意するよう呼びかけた。ただし、妨害行為の報道についてはまだ確認が取れていないと述べた。

一方、イラン外務省は、妨害行為と思われる事件について懸念を表明したものの、事件への関与は否定した。

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月