最新記事

温暖化対策

トランプにも負けない民主党の新人オカシオコルテスが世界を救う?

Ocasio-Cortez Warns Trump

2019年4月4日(木)16時28分
ラムジー・タッチベリー

議員になる前はバーテンダーとして働いていたという異色の新人オカシオコルテス(中央) Carlos Barria-REUTERS  

<民主党の左派グループと「グリーン・ニューディール」決議案をまとめたオカシオコルテスは温暖化対策と貧困対策を一度に解決すると政界を揺るがしている>

「この前私をばかにした男は選挙で負けた......それだけは覚えておいて」

ドナルド・トランプ米大統領に「若いバーテンダー」と呼ばれて、そう切り返したのは民主党のアレクサンドラ・オカシオコルテス下院議員(29)。

ヒスパニック系の元バーテンダー、オカシオコルテスは昨秋行われた米中間選挙のニューヨーク州連邦下院選で共和党の大物ジョセフ・クラウリーを敗って史上最年少で当選。全米を驚かせた。

その新人議員を中心に民主党の議員グループがまとめたのが、気候変動対策で雇用を創出する「グリーン・ニューディール」だ。議会に決議案が提出されたこのプランについて、トランプはたかが「若いバーテンダー」の思い付きだと一笑に付した。

2月7日、グリーン・ニューディール決議案を発表したオカシオコルテスとその他の民主党議員


グリーン・ニューディールは、2050年までに温室効果ガスの排出ゼロを達成し、10年以内にアメリカの電力需要を100%再生可能エネルギーで賄うという野心的なもの。オカシオコルテスもこの決議案も、トランプと共和党に袋叩きにされている。当初案では2030年までに排出ゼロを目指すことになっていたため、コストが膨大で目標設定が非現実的すぎるとして、民主党内でも懐疑的な声が多い。

トランプが食いついた訳

「若いバーテンダー、素晴らしい若い女性がグリーン・ニューディールを掲げている。最初に聞いたときは『とんでもなくクレージーだ』と思った」と、トランプは4月2日、共和党全国下院委員会の資金集めの夕食会で演説した。

ただし、この案をすぐにつぶさないように共和党議員に釘を刺すことも忘れなかった。

「まだ生かしておくことだ。(2020年の大統領選では)これを争点にしたい。もしもグリーン・ニューディールで民主党が勝ったら、潔く敗北を認めようじゃないか」

米上院は3月26日、この決議案を採決にかけた。ミッチ・マコネル上院院内総務率いる上院共和党は採決を急いだが、公聴会も開かず、議論もせず、いきなり採決に踏み切ることに民主党が猛反発。賛成でも反対でもない「出席」の票を投じた結果、決議案は0対57で否決された。

下院民主党の指導部は、この決議案を審議にかけることにあまり乗り気ではなさそうだが、それでも提出したことに意義があると、オカシオコルテスは本誌に語った。

「もちろん下院で採択されれば大きな前進だが、決議案を提出した時点で、目標の9割は達成できている。今後は導入すべき技術や具体的な政策について議論を進める必要があるが、この決議案がたたき台になる」

ニュース速報

ビジネス

中国EVメーカー3社、香港上場を計画 総額50億ド

ビジネス

アングル:アジアのジャンク債、米国債の混乱で注目の

ビジネス

日経平均は反発、円安を好感 バリュー株物色が下支え

ビジネス

午後3時のドルは109円前半、9カ月ぶり高値

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも地元住民はへっちゃら?

  • 4

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 5

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 6

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 7

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 8

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 9

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月