最新記事

温暖化対策

トランプにも負けない民主党の新人オカシオコルテスが世界を救う?

Ocasio-Cortez Warns Trump

2019年4月4日(木)16時28分
ラムジー・タッチベリー

議員になる前はバーテンダーとして働いていたという異色の新人オカシオコルテス(中央) Carlos Barria-REUTERS  

<民主党の左派グループと「グリーン・ニューディール」決議案をまとめたオカシオコルテスは温暖化対策と貧困対策を一度に解決すると政界を揺るがしている>

「この前私をばかにした男は選挙で負けた......それだけは覚えておいて」

ドナルド・トランプ米大統領に「若いバーテンダー」と呼ばれて、そう切り返したのは民主党のアレクサンドラ・オカシオコルテス下院議員(29)。

ヒスパニック系の元バーテンダー、オカシオコルテスは昨秋行われた米中間選挙のニューヨーク州連邦下院選で共和党の大物ジョセフ・クラウリーを敗って史上最年少で当選。全米を驚かせた。

その新人議員を中心に民主党の議員グループがまとめたのが、気候変動対策で雇用を創出する「グリーン・ニューディール」だ。議会に決議案が提出されたこのプランについて、トランプはたかが「若いバーテンダー」の思い付きだと一笑に付した。

2月7日、グリーン・ニューディール決議案を発表したオカシオコルテスとその他の民主党議員


グリーン・ニューディールは、2050年までに温室効果ガスの排出ゼロを達成し、10年以内にアメリカの電力需要を100%再生可能エネルギーで賄うという野心的なもの。オカシオコルテスもこの決議案も、トランプと共和党に袋叩きにされている。当初案では2030年までに排出ゼロを目指すことになっていたため、コストが膨大で目標設定が非現実的すぎるとして、民主党内でも懐疑的な声が多い。

トランプが食いついた訳

「若いバーテンダー、素晴らしい若い女性がグリーン・ニューディールを掲げている。最初に聞いたときは『とんでもなくクレージーだ』と思った」と、トランプは4月2日、共和党全国下院委員会の資金集めの夕食会で演説した。

ただし、この案をすぐにつぶさないように共和党議員に釘を刺すことも忘れなかった。

「まだ生かしておくことだ。(2020年の大統領選では)これを争点にしたい。もしもグリーン・ニューディールで民主党が勝ったら、潔く敗北を認めようじゃないか」

米上院は3月26日、この決議案を採決にかけた。ミッチ・マコネル上院院内総務率いる上院共和党は採決を急いだが、公聴会も開かず、議論もせず、いきなり採決に踏み切ることに民主党が猛反発。賛成でも反対でもない「出席」の票を投じた結果、決議案は0対57で否決された。

下院民主党の指導部は、この決議案を審議にかけることにあまり乗り気ではなさそうだが、それでも提出したことに意義があると、オカシオコルテスは本誌に語った。

「もちろん下院で採択されれば大きな前進だが、決議案を提出した時点で、目標の9割は達成できている。今後は導入すべき技術や具体的な政策について議論を進める必要があるが、この決議案がたたき台になる」

ニュース速報

ワールド

米FCC、中国ZTEの安全保障上の脅威認定を再確認

ビジネス

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な

ワールド

新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験

ビジネス

米ギャップ、第3四半期は32%減益 時間外で株価下

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 6

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 7

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 9

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 10

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月