最新記事

ロシア疑惑

トランプはまだ「潔白」とは限らない──ロシア疑惑捜査報告書

Trump Says Mueller 'Exonerated' Him, AG Says It Didn't

2019年3月25日(月)13時24分
ティム・マーシン

ホワイトハウスの外で記者に囲まれるトランプ米大統領(3月24日) Carlos Barria- REUTERS

<「(選挙介入でロシアとの)共謀なし、司法妨害なし、完全に潔白だ」と、トランプは勝利宣言をしたが>

ドナルド・トランプ米大統領は3月24日、ロバート・ムラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査報告書に関するウィリアム・バー司法長官の書簡に対して、反応を示した――もちろん、ほかならぬツイッターで。

大統領のツイートは次のとおり。「(ロシアとの)共謀なし。司法妨害なし。完全かつ全面的に潔白が証明された。アメリカを偉大にし続けよう!」

ホワイトハウスも同様の反応を示し、サラ・サンダース報道官はツイッターにこう投稿した。「(ムラ―)特別検察官は、いかなる共謀も司法妨害も見つけられなかった」「バー司法長官とロッド・ローゼンスタイン司法副長官はさらに、司法妨害はなかったとの判断を下した。司法省の結論は、大統領の完全かつ全面的な潔白を証明するものだ」

気になるのは、大統領とホワイトハウスが「潔白」という言葉を使ったことだ。ムラ―から捜査報告書を受け取ったバー司法長官は書簡で、ムラーがトランプ陣営がロシアと共謀したともトランプが罪を犯したとも確認しなかった、とした一方で、報告書は「大統領の潔白を証明するものではない」としているからだ。

バー司法長官、報告書精査にたった「2日」

バー司法長官が議会に提出した報告書の要約(一部)には、次のように書かれている。

「特別検察官は、検証対象となった行いが司法妨害に相当するかどうかについて、結論を出していない。捜査を行った行動の一つ一つについて、報告書は問題の双方の側面についての証拠を提示しており、特別検察官が法律上の『難題』とした部分、および大統領の行動と意図が司法妨害と見なされ得るかどうかについては、未解決となっている。特別検察官は『本報告書は大統領が罪を犯したと結論づけるものではないが、大統領の潔白を証明するものでもない』と述べている」

一方でバー長官は書簡の中で、ムラー特別検察官からの報告書を検証した上で、自分とローゼンスタイン副長官は、司法妨害罪については立件しないと決断したと述べている。

その説明がこうだ。「一般的に、司法妨害の有罪判決を得てそれを維持するためには、政府は、問題の人物が腐敗した意図をもって行動し、差し迫った、あるいは予期される出来事に十分な結びつきのある妨害行為に携わったことを、合理的疑いの余地を残さずに証明する必要がある」が、そのような行為は見つからなかったという。つまり、司法妨害の十分な動機が見つからなかったと言いたいのだろう。

だが、これまでにムラ―が提出した捜査報告書の原本を見たのはバーをはじめとする司法省だけ。なぜ公開しないのか。

ニューヨーク州選出の民主党下院議員で、下院司法委員会の委員長であるジェロルド・ナドラーは、バー長官を同委員会に召喚して証言を求めるつもりだと語った。

「ムラー特別検察官は22カ月をかけて、トランプ大統領がどこまで司法妨害に携わったのかを判断するための捜査を行った」とナドラーはツイッターに投稿した。「それに対してバー司法長官がアメリカ国民に、大統領は潔白ではないが司法省が立件しないと述べるまでにかかった時間は、たった2日間だ」

(翻訳:森美歩)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月