最新記事

米朝会談

北朝鮮チェ外務次官「米との核協議停止を検討、ミサイル発射中断見直しも」

2019年3月15日(金)16時34分

北朝鮮は米国との核協議の停止を検討しており、米国が譲歩しなければミサイル発射や核実験の一時停止措置についても再考する可能性がある。写真は先月28日にハノイで行われた2度目の米朝首脳会談で撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

北朝鮮は米国との核協議の停止を検討しており、米国が譲歩しなければミサイル発射や核実験の一時停止措置についても再考する可能性がある。複数のメディアが15日、北朝鮮高官の話として伝えた。

ロシアのタス通信やAP通信によると、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は、2月にハノイで行われた米朝首脳会談が物別れに終わったことについて米政府高官を非難した。

タス通信によれば、崔次官は北朝鮮が非核化に向けた米国との協議を停止することを検討していると発言。平壌での記者会見で「北朝鮮は(ハノイ会談での)米国の要求に屈するつもりも、そのような交渉を持つつもりもない」と語ったという。

同次官はまた、ポンペオ米国務長官とボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が「敵意と不信感の雰囲気を作り出し、米朝の最高指導者間の建設的な交渉努力を阻んだ」と非難したという。

タス通信はさらに、同次官の発言として、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が近く、米国との協議を巡る自身の立場について公式に発表すると伝えた。

AP通信によると、崔次官は、米国はハノイでの首脳会談で絶好の機会を逃したと発言。金委員長が履行中のミサイル発射停止措置を再考する可能性があると警告した。

AP通信によると、同次官は「米国のギャングのような姿勢はいずれこの状況を危険に陥れる」とも述べた。一方で、「両最高指導者間の個人的な関係は依然として良好で、相性は不思議なことにすばらしい」と付け加えた。

韓国大統領府は声明で「崔次官の発言だけで現在の状況6を判断することはできない」と指摘し「状況を注視しており、どのような状況にあっても政府は米朝協議の再開に向けて取り組んでいく」との立場を示した。

米ジェームズ・マーティン不拡散研究センター(CNS)のジョシュア・ポラック氏は北朝鮮が最後通告をしている可能性があるとの見方を示し、「北朝鮮は状況が変わらなければ事態がどちらの方向に進むかを示そうとしている」と述べた。

米国のビーガン北朝鮮担当特別大使は11日、先の米朝首脳会談は物別れに終わったものの、米朝間の「外交はまだ非常に活発」と発言。15日の北朝鮮高官の発言は、ビーガン大使の楽観的な見方に逆行する内容となった。ただビーガン大使は、首脳会談後に両国間で協議が行われたかについては言及を控えていた。

対北朝鮮強硬派のボルトン大統領補佐官は、トランプ大統領は3回目の米朝首脳会談に前向きだとする一方、北朝鮮が非核化に向け動かなければ制裁強化を検討すると警告していた。

[ソウル 15日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

ドイツでパレード観衆に車突入、子供ら30人負傷 殺

ワールド

原油先物4%安、新型ウイルスの世界的な拡大で需要崩

ビジネス

米経済は順調、新型肺炎はリスク=クリーブランド連銀

ワールド

新型ウイルス患者が中国外で急増、感染拡大巡る懸念で

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

※次号は2/26(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いする日本

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    新型コロナウイルス、世界各国で感染急拡大 状況ま…

  • 7

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月