最新記事

音楽

アリアナ、ブルーノ・マーズなどの17曲放送禁止に インドネシア、選挙を控えてイスラム教徒に忖度?

2019年3月2日(土)18時28分
大塚智彦(PanAsiaNews)

インドネシア国内のエンターテインメント番組でも取り上げられたが…… metrotvnews / YouTube

<「音楽に国境はない」と言われるが、内容によっては禁止される国もある>

インドネシア・ジャワ島の最も人口が集中する西ジャワ州の放送委員会は2月中旬に英語歌詞の曲17曲を含む85曲を「極めて卑猥な内容を含む歌である」として放送を禁止する決定をして、州内の大小471の放送局に通達の文書を配布した。

英語歌詞の中にはアリアナ・グランデの「ラブ・ミー・ハーダー」やエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」、ブルーノ・マーズの「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」など世界的に著名な歌手の曲も含まれており、世界の音楽界で話題となっている。

禁止通達を出した西ジャワ放送員会のデデ・ファルディア委員長は地元誌「テンポ」に対し「今回の措置は曲でなく歌詞にポルノ的内容、猥褻な連想を抱かせるものがあるためであり、放送法の規定に従って判断したものである。特に女性を性の対象とするような内容には厳しく対処した」という旨の発言で放送禁止の理由を明らかにしている。

同委員会は2018年〜2019年初めにかけて一般から寄せられた苦情や情報に基づいて86曲に関して調査を進めてきたという。今回の放送禁止の措置の根拠となっているインドネシア放送法(2012年施行)では「放送プログラムでは歌、音楽ビデオなどのタイトル、歌詞に性的、卑猥、性的関係を連想、模写するような内容は禁止する」という規定がある。

ブルーノ・マーズがツイートで反応

この放送禁止措置を受けた歌手のうちエド・シーランは5月3日に首都ジャカルタのスタジアムでコンサートが予定されており、放送禁止措置を受けた曲を歌うのかどうかが今から注目されている。

またブルーノ・マーズは禁止措置を受けた著名歌手の中で唯一反応し、ツイッターで「親愛なるインドネシアよ、皆さんに『ナッシング・オン・ユー』『ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー』『トレジャー』などの健全な曲を贈るので性的な変人と一緒にしないでほしい」とコメントしている。

西ジャワ放送委員会では「放送禁止といっても青少年への影響を考慮して、午後10時から午前3時の間は放送可能で、その時間以外の放送、放映を禁止しただけであり、全面禁止ではない」と釈明している。

インドネシアに向けたブルーノ・マーズのメッセージ

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月