最新記事

東南アジア

インドネシア大統領候補に人権弾圧の疑惑 今なお13人の民主活動家が行方不明のまま

2019年3月15日(金)18時51分
大塚智彦(PanAsiaNews)

かつて独裁政権下で民主化の動きを封じようと拷問や殺人を指示したと言われるプラボウォ・スビアント氏(左)がジョコ・ウィドド大統領と、4月の大統領選の候補者受付のイベントに出席している Willy Kurniawan - REUTERS

<かつて独裁政権下で民主化の動きを封じようと拷問や殺人を指示した男が、若者の支持を集め政治の表舞台へ......>

4月17日に投票が行われるインドネシアの大統領選挙に立候補し、現職のジョコ・ウィドド大統領に挑戦している野党「グリンドラ党」のプラボウォ・スビアント氏に対し、国軍幹部時代に起きた民主活動家の行方不明事件への関与疑惑と真相究明を求める声が急速に高まっている。

プラボウォ氏は1998年に民主化運動の高まりを受けて崩壊したスハルト長期独裁政権でスハルト大統領の娘婿として陸軍内で異例のスピードで出世。特殊部隊、戦略予備軍の司令官という要職を務めた経歴がある。

1997〜98年にかけて反政府、反スハルト体制を訴える活動家や学生の運動が全国で急速に盛り上がり、国民的運動に発展しようとしていたが、民主活動家や学生運動家少なくとも23人が治安組織によって拉致された。その後、うち1人が死体で発見され9人は解放されたものの残る13人は現在に至るまで行方不明となったままである。

当時拉致に関わったのは陸軍特殊部隊の秘密部隊「グループⅣ」で、その中でも少人数の兵士でかずかずの人権侵害事件を起こしたとされる「チーム・マワール(薔薇チーム)」が主に拉致、拷問、暴行、殺害に関わったとされ、メンバーは民主化実現後に軍規違反などで軍法会議にかけられている。

行方不明者家族、生還者による会見

当時スハルト大統領の最側近で陸軍の幹部でもあることから「薔薇チーム」などを使って民主化運動を最もダークな方法で封じ込めていたのがプラボウォ氏といわれている。

3月13日、ジャカルタ中心部のホテルで開かれた記者会見の席上、行方不明者の親族が「事件の真相解明」を訴えた。そのうえで「大統領選挙で人権侵害事件への関与が濃厚なプラボウォ氏への投票を辞めよう」と呼びかけた。

雑誌「テンポ」(電子版)によるといまだ行方不明となっているプトラス・ビモ・アヌダラ氏の父ウトモ・ラハルジョ氏は「21年間待ち続けている行方不明者の真相はジョコ・ウィドド大統領の次期政権でぜひ解明してほしい。プラボウォ氏が大統領に選出されることなど想像できない」と述べた。

会見には拉致誘拐から生還した9人のうち3人が出席。「活動家の誘拐暴行や行方不明などの事件にはプラボウォ氏が関与した可能性が高い。プラボウォ氏が大統領になれば真相解明の希望はゼロになる」と大統領選でのプラボウォ氏の落選と人権侵害事件の解明を強く求めた。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月